10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

粘りの釣り、ルアーローテーションという誘惑 

前回の遠征以降あまり時間が取れず釣りになかなか出れていません

先週は新町川で何度か短時間だけ竿を出したところ1バラシ1チェイスでした

詳細は省きますがドラグ設定のミスで合わせを失敗してしまい、気がついたときにはオートリリース

相変わらずの下手くそ加減ですが気温がぐっと下がってからシーバスの食い気は上がっているような気がします

・・・さてここ最近のテーマとしては粘りの釣りというのが私にはあります

といっても選んだポイントで粘るという意味ではなく、ルアーローテーションを極力抑えて選んだルアーを1回でも多く水の中を通すということです

どうしてもルアーのストックが増えてくると釣り場ですぐに目移りしてしまいあれもこれもで使ってしまいがちです

結局意図した狙いではなくなってしまい、釣れないということが起きているのではと思うようになったからです

-- 続きを読む --
関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ビッグファイトの予感、高知遠征へ 

今回の釣行日誌は高知へ行ってきた様子をお届けします

メンバーはいつものヒロキチ、県外からの参加でE氏、D氏の計4人

徳島とはまた違った景色を求めて遠征の旅となりました

S__103702535.jpg

DSCN1861.jpg

-- 続きを読む --
関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

明暗の限界 

シーバス釣りといえば明暗の釣りですが最近そればかりでは限界があるような気がしてきました

ベイトの有無もプラシーボ的なもので、ルアーをずっと投げ続ける集中力をベイトの存在で持続させているようにも思います(それはそれで必要なことです)

まったく生命感のない場所、でもここはいそう・・・という場所でいきなりルアーにストライクがあるのはそれほど珍しいことではありません

シーバス釣り、非常に奥が深い釣りだと実感します

-- 続きを読む --
関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

最良エントリーモデル?ダイワのタトゥーラ 



タトゥーラはダイワから2014年頃登場し、2015年、2016年と派生モデルが多数発売されるなどシリーズの人気は衰え知らずです

私も2014年から無印タトゥーラをバスや海で使ってみましたが機能性、汎用性、質感どれをとっても完成度の高いリールだと思います

今回はそんなタトゥーラについてまとめてみました

-- 続きを読む --
関連記事

Category: タックル、小物など

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

ゴロタサーフ、暗闇サーフ・・・竿を替えたら釣れるジンクス 

これまでベイトタックルはジリオンTWとスワット82MLという構成でしたが、現在また新しいセッティングを試している最中です

もちろん万能ではありませんがやはりベイトタックルには言葉では言い表せない楽しさを私は感じます

DSCN1855.jpg

-- 続きを読む --
関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0