03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

備えあれば憂いなし 

さて今日も整備、整備と・・・

まず
・アクセルワイヤーの取り回し

今まで間違えてたと思うとショックで仕方ない
数日悩んでたけどやっと正しい位置にセットできたと思う
ハンドルをどこまできってもスムーズ
後日写真をアップして載せることにしよう
アップしました



・レギュレーターの交換

VT系唯一?の弱点であるレギュレーターを手に入れた
それも対策品でVTR1000用(型が同じものなので流用できるそうだ)

いつかは交換しようと思ってたけどなかなか対策品は手頃な値段で出てこない
諦めかけてたけどやっと発見
送料別の1000円だった
新品は6000円とかするものなので安く買える時にかっておきます
長距離のツーリング先でトラブルが起きても嫌だしね

では中古品だしチェックもかねて交換します

CA3C0001_20100123224104.jpg
レギュレーターはココ

CA3C0002_20100123224104.jpg
シートカウルを取ってこの4つのボルトを外す

CA3C0003_20100123224103.jpg
パカッ
早くもレギュレーターに手が届きそう

CA3C0004_20100123224103.jpg
シートを開けるワイヤーが邪魔でタンデムステップがついているフレームが取れない

CA3C0005_20100123224102.jpg
上に引っ張る

CA3C0006_20100123224123.jpg
起こす

CA3C0007_20100123224122.jpg
取れた

CA3C0008_20100123224122.jpg
レギュレーターがこんにちは
今まで壊れずよくぞがんばってくれた

CA3C0009_20100123224122.jpg
旧レギュと新レギュ
旧のほうは予備にとっておこうね

CA3C0010_20100123224121.jpg
対策品をセット
エンジンスタートさせて暖機後、テスターでチェック、、、
吹かしても15V以上にはならない様子なので正常ということがわかった
一旦エンジン止めてレギュレーターに触ってみると暖かくなってる
3、4回吹かしただけでこんなになるのか
高速とかでずっと高回転キープしても大丈夫なのかな・・・?

対策品を信じよう(もともとの旧のでも壊れなかったけど)

CA3C0012_20100123224146.jpg
久々にここ磨いた
2年前に納車されてすぐ同じことやってた
もう月日がながれて表面がくすんでしまったのでリフレッシュ
600→1000→ピカールの刑でほどよく艶が出た

CA3C0014_20100123224146.jpg
取り付け
・・・の前にレギュレーターとフレームとの合わせ面を2000番のサンドペーパーでならす
表面にまんべんなくシリコングリスをつけて組み付け
こうすることで熱がよく伝導するはず
自作PCとかでCPUとクーラーの合せ面にグリス塗ったりするしね

CA3C0016_20100123224146.jpg CA3C0017_20100123224145.jpg

もう一度テスターでチェックして問題なかったのでこれで完了!


・エンジンオイル交換

前回から5000キロも走ってしまった
次からは3000~4000キロでG1でも入れようかな
良いオイル入れても過走行してからの交換じゃあ意味ないよね


・最後に洗車とチェーン注油

洗車後しばらく時間をおいてから20キロくらい走って帰宅後チェーン注油
明日は久々にどこか走りに行こうかねぇ
関連記事

Category: 二台目 VT250スパーダ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/203-66f5a482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)