06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

力の限り 因幡・出雲 ツーリング 

8月初頭
今回の旅先は鳥取の大山、蒜山と島根県の出雲大社

とうとうETCの運用を開始しました
出発の1週間ほど前に手に入れてこの日のためにセッティング
そう今回は高速を多用した初のツーリングになります

しかしこれが思わぬアクシデントに発展するとは・・・

出発の日

20時30分
自宅を出て11号線から鳴門ICの高速で島を脱出するのだ
さっそくETCレーンへ突入

あれ??
そろそろ開かないとマズイんじゃないの・・・?

開きませんでした(無反応)

落ち着いて安全確認したあと路肩へ止める
さてどうしたもんかと突っ立てると
向こうで手を振る人影が

普通の通行券くれました
トラブルがあってバーが開かなかったと次の料金所で伝えろとのこと
割引はしてもらえそうなのでひと安心

高速本線へ合流
まずは80くらいから100あたりを試してみる
さすが400ccだと高速もかなり安定するね
120くらいにチャレンジ
少し怖いけどまだ余裕たっぷり
しかし走り慣れてないせいか判断が難しい
後ろから速いのが来ると結構怖いね
捕まったらこの速度
南無三

淡路SAで休憩を入れます

CA3C0001_20100813163048.jpg
お仲間がいるようです
無印400の後期

やや高回転の慣れない振動で手が若干しびれてしまった
直るまでぼんやりと行き交う人々でも眺めましょう

垂水JCTの手前、大きなトンネルを抜けたところで覆面にキャッチされた車がいた
ああなりたくないもんだね

神戸西ICで前方に異変
そうかここからが山陽道なのか
料金所はETCレーンが2つに一般レーンが1つ
通行券を渡されてしまってるので一般しか通れないね
交渉の末なんとかカードで支払って通れた
しかし今度は通行券と紙に印をしたものを一緒に渡された
次に料金所から出るときはこの紙が必要だそうだ
鳴門ICでは通行券しかもらえなかったけど手違いだったの?
なんだったんだろう

そういや丹波へ行くのになんだか色々経由するみたいで分かりぬくい
一個間違うと全然違うところへ行ってしまうので致命傷だぞ

まず三木JCTから大阪方面へ方向をかえる
このあたりからトラックや一般の車多し
神戸JCTから中国自動車道
吉川JCTでやっと舞鶴若狭自動車道へ
いきなり片側1車線の寂しい山道になってしまった
高速なのに暗いぞここは
やっと春日ICで降りる

舞鶴若狭は無料区間の社会実験中!
鳴門ICから春日ICまでフルに乗って料金は・・・?
休日割適用で1450円
こいつはまた来たくなる金額だぞ

夕飯がまだのため軽食をコンビニで購入後アジトへ到着
ライテクビデオを見ているあいだにいつの間にか就寝していた


2日目

5時45分起床
あまり気持ちよく寝れなかった
出発の準備と空気圧のチェック
なんと1.5くらいしか入ってない
Dからエアーポンプをレンタル
規定値まで入った

北近畿豊岡自動車道を青垣ICまで乗って
遠阪峠を越える
なんだか安定してカーブを曲がれない
まだ慣れてないというかバイクの性能を発揮できてない感じだねぇ
スパーダの癖も残ってるのかな
前を走るR750はさすが各地を走りなれているだけあってスイスイ進んでいく

ブレイクタイム
ミニストップがいいね
ホットドッグの「バーベキュー何か」を食べたっけ

9号線へ出て北上
鳥取砂丘が見えてきた

CA3C0009_20100823224401.jpg CA3C0018_20100823224810.jpg
バイクは一台も無し

降りて砂を歩いてみる
CA3C0017_20100823224811.jpg
観光客向けの馬

CA3C0010_20100823224400.jpg CA3C0011_20100823224359.jpg
CA3C0012_20100823224358.jpg
見渡す限り砂、砂、砂
目標地点として丘の頂上まで行ってみましょう

CA3C0013_20100823224358.jpg CA3C0014_20100823224357.jpg
海が見えただけでした
釣りしてる人も見えます
あちー

CA3C0015_20100823224812.jpg CA3C0016_20100823224812.jpg
あちら側から来ました
さて、、戻ろうか


ここからはほぼ真っ直ぐな道です
風力発電の風車がまわっているのが見えます

CA3C0020_20100823224810.jpg
道の駅大栄で休憩

CA3C0021_20100823224809.jpg
ご存知、あの方の銅像です

給水・給油した後に30号線からいよいよ大山へ
最初は壮大な田舎道
私が以前車で来た時こんな道だったっけ?

途中から細い道と細かいカーブで焦る
これには参りました
前のSSはよく訓練されてるようでハイテンションに進んでいきます

大分登って景色も大山らしくなってきた
ここでお昼タイム
定番のジンギスカン、お一人様2200円!

・・・

高すぎます
さっきのは忘れて蒜山ジャージーランドでお昼です

この日は日曜
観光客で大変混雑しております
レストランに行くと皆さん並んでいます
ここで食べないわけにはいかないので受付名簿に名前を記入

CA3C0022_20100823224847.jpg
待ち時間の間はこいつを楽しむことにしよう

20分ほど待ったでしょうか
やっと順番が来ました
席へついてあれやこれや注文

CA3C0023_20100823224846.jpg
ウインナー
ピントがなぜかパセリ

CA3C0024_20100823224845.jpg
ジェノバベーゼソースのスパゲティを頂きます

CA3C0025_20100823224840.jpg
店内の様子
ガラス張りで大山の自然が一望できます
窓際だったのでラッキー
裏手にはひまわり畑が広がっておりファンタジー&メルヘンを楽しませてくれます

CA3C0027_20100823224838.jpg CA3C0028_20100823224838.jpg
CA3C0031_20100823224936.jpg CA3C0029_20100823224937.jpg
ジャージーランド、良いところです

さて、お昼はおしまい
大山を余すとこなく堪能しましょう
まずは近くの道の駅にも行ってみます
CA3C0032.jpg CA3C0033_20100823224934.jpg
トイレ行っただけ

時間を見るとすでに3時近い
宿はここから1時間30分程の距離なのでかなり中途半端
早々に引き上げるのももったいないため東まわりで行けるところまで行ってみることにしました
少し戻って、45号線で北上
34号線に入りましたがここからはもはや観光地大山ではなく
苦行である四国の山道を想像させる道のよう
走りを楽しむというには程遠いものでした
そして途中景色のいい場所で写真をとりつつ休憩
CA3C0037_20100823225009.jpg

時間を確認するともう4時を過ぎてます
6時30分までにはチェックインにしてあるのでこれは急がないとマズイ
慌てて下って三朝温泉を目指します
交通量も多かったし普通の道でしたが予想より早くついた

CA3C0056.jpg
こちらが本日お世話になる宿
立派!

部屋についたら5時20分
CA3C0041_20100823225008.jpg
広いお部屋!
この宿は今までツーリング先で利用したところで一番良かった
トイレ、風呂別
洗面台はなんと2つもついていた
靴を脱ぐところも広い

朝から走りっぱなしに近いので疲れた
しばらくテレビを見ながらゴロゴロ
温泉にも行ったっけ

そろそろ7時が迫ってきているので晩ご飯にしよう

一歩外へでると音楽スタート
??
CA3C0048.jpg
なんだあれは・・・?

CA3C0050.jpg
かじか音頭?
はっぴ着て街中をぐるぐる踊ってる人たち

今夜交通規制があるとか宿の人が言ってたけどそういうことか(なのでチェックインの時間は厳守だったのだ)
群衆の中で見守ってたけどそろそろお腹すいたしほっといて街を廻る

CA3C0055.jpg CA3C0054.jpg
CA3C0053.jpg
古い温泉郷の街並み
ノスタルジー

肝心の食事なんですが・・・
街をぐるぐるまわってみたけどピンとくるような店がない
食事はいつもずさんにしてるのでなんでもいいかと思っていたけどリサーチが足りなかった
コンビニあったけど地元の商店みたい
宿で夕食頼んでおいたら良かったなあ

結局かじか亭と呼ばれる怪しげな食堂で軽く済ませよう
こういうところで食べるのはなんだか苦手な感じ
CA3C0057.jpg
やきそば

部屋に戻ってまた風呂へ
露天風呂から花火の音がします
見えません
風呂上りに外へ出てみたら丁度フィナーレ
かろうじて見えました
ビルとビルの隙間からほとばしる閃光が

それではパーティだ
CA3C0060.jpg
カンパーイ


3日目

CA3C0061.jpg
おはようございます
6時40時起床です
7時30から朝食なので一風呂浴びてきます

いやーいい湯です
朝から温泉という感動
とても文章では伝えきれません
CA3C0067.jpg

・・・

さて朝食です

CA3C0063.jpg
どじゃーーん

CA3C0065.jpg
献立表

朝から胃袋の方もハードパンチャーでもてなしてくれますよこの宿は
すばらしいですね
CA3C0069.jpg

たっぷりやられたあといよいよスタートです


ひとまず9号線へ出て給油をしてから大山へ再アタック
今日は月曜日なので車が少ない

CA3C0074.jpg
途中の展望台
大山が綺麗に見えます

CA3C0075.jpg
青と赤のスズキマシン達

なんでまた上ってるのかというと
走るのもそうですが昨日アイスクリームが食べれなかったんですね
昼食を取ったらそれで満足してしまって今日に持ち越しということになっていました
この暑さではアイスクリームを押さえないわけにはいきませんからね

CA3C0077.jpg
蒜山アイスクリーム
ウマイ

CA3C0079_20100823225151.jpg
カフェオレをもう一度

CA3C0080.jpg
いいですなあ
夏らしい

CA3C0082.jpg
スノーパークとかいうスキー場で一枚

CA3C0081.jpg
奥に写っているDさん
私がいつも写真ばかり撮ってるのでご迷惑をおかけしております

158号線で大山自然歴史館くらいとことまで戻ります
この辺りの橋のたもとに綺麗なモンベルショップがありましたね
四国のど真ん中、大歩危のあたりにもあります
店舗数はかなり限られてるので非常に稀少なアウトドアショップではないでしょうか

CA3C0083.jpg CA3C0085.jpg
ゆっくり土産探しをする暇もなく24号線で一気に大山から撤退
ゆるやかで綺麗な道ですこれぞ大山の醍醐味

ここからはとにかく走る
出雲大社まで行く予定なのにもう昼過ぎです
急がないと日付が変わる前に丹波まで帰れません


CA3C0087.jpg CA3C0088.jpg
CA3C0092.jpg CA3C0094.jpg
ほとんどノンストップで宍道湖まで来ました

しかしここで勘違い
山陰自動車道路までタダとは知らず松江玉造ICで降りてしまったのです
なので宍道湖のパーキングらしき場所で休憩
そのまま9号線で出雲大社を目指します

CA3C0095.jpg CA3C0096.jpg
3時45分
とうとう来ました出雲大社です

もう人通りも少なくいつお店が閉まるかわからない状態なので先にお土産を買っておきました
いよいよ境内へ

CA3C0097.jpg CA3C0098.jpg
CA3C0099.jpg CA3C0100.jpg
CA3C0101.jpg CA3C0102.jpg
CA3C0103.jpg CA3C0104.jpg
荘厳
本殿はみれませんでした

上の綱にコインを投げてる人がいたので我らもチャレンジ
1円玉投げたら上に入りました
Dも入った
これで縁結び、完璧だ

・・・きちんと参拝してないので意味ないか

おみくじも引きましたよ

CA3C0105.jpg CA3C0106.jpg

出雲蕎麦食べます
Dはアレルギー体質らしくハンバーグ定食にしてもらいました

さあ帰りましょう
ここからは写真がありません
明かりが弱いと写らないのです
日も暮れかかってるのでそんな余裕ないからね

帰りは自信なかったけど無料に賭けて山陰自動車道へ乗ります
名和ICまでおよそ74キロとにかく急ぐ
高速とバイパスの繰り返しなので私には今までにないペースのように感じました
あっという間に大山の近くです
道の駅でトイレ休憩

あとはここから丹波まで
なんだかよく覚えていませんが暗い山の中を疾走していました

10時30分
到着
夕食も飛ばしてひたすら走るのみ
出雲から6時間くらいで戻ってきたのかな
軽食を取って就寝


4日目

朝、帰る準備をしながらこの3日間を振り返る
充実したいい旅でした

Dに別れを告げて私は徳島へ帰ります
高速で帰ろうかと思いましたがあいにく平日だしもったいない
175号線でいつものように明石へ出ます
ひさびさのタコフェリーに揺られ
淡路の東浦ICから高速を使い今回の旅は終了したのでありました


今回の旅で走った走行距離 1187キロ
大山での走りに納得がいかないけど地道に練習するしかないね
SVはこんなものではないはず

次回はどこへ行きますか?

関連記事

Category: ツーリング

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/246-73aebb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。