05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

必ず用意したいランディングネットとフィッシュグリップ 

今回は釣りをするときに持っていると便利な装備品について記事にしてみます

 ランディングネットの重要性

キビレ釣りに限ったことではありませんがある程度のサイズの魚を狙う場合に無くてはならない必須アイテムです

DSCN1549.jpg DSCN1479.jpg DSC_0262.jpg

潮位の変動が大きな汽水域や防波堤などは水面までかなり高さがあるフィールドばかりです

徳島市内を流れる川でさえ特定の場所を除いて満潮になっても水面までは1メートル以上、干潮になればさらに水位が下がります

そんな場所で20cmほどのマメキビレが釣れてしまっても問題ありませんが、40cmクラスのキビレや50cmクラスのシーバスを釣ってしまうとさあ大変です

下まで降りれるような親切設計な所がほとんどないため最低3メートルは伸びるタモが必須となります


 ランディングネットについて

まずはランディングネットの構成について考えます

必要なのは主に3つのパーツ

一つ目は柄の部分(シャフトとも呼ばれます)

こちらは基本的に振出竿のような構造です

詳しく説明すると太い筒の中にそれよりも少し細い筒が入っていてその下にさらに少し細い筒が・・・という感じで何層にもなっており、それぞれに抜けないようにテーパーがかかっていて引き出すと伸びる構造になっています

二つ目は網の部分(枠の部分はフレーム、網の部分はネットと言います)

金属のフレームに網を取り付けたもので見たままのものになりますがネットのサイズや材質、フレームのサイズに至るまで色々なバリエーションがあります

キビレ、チヌ用なら30サイズのネットで大丈夫ですが、70を超えるようなシーバスとなると網に入りきりません

サイズの小さい網で無理をすると網の外側にルアーが引っかかり、高確率で逃げられてしまいます

取り込む直前でのバラしはかなり悔しい思いをするので最低でも40サイズのネットは必須です

三つ目はコンパクトに折りたためるようにするジョイント部

ネットの部分はそのまま取りつけた状態だと邪魔になるのでタモジョイントというパーツが必要になります

使わない時は折りたためるので非常にコンパクト、持ち運びも楽になります


 ランディングネットの重量

移動を繰り返すルアー釣りなので少しでも軽くて持ち運び易いものにする必要があります

さらに全体の重量が軽いと展開した場合の取り回しも楽になります

そこで軽量化を考えるとネットよりシャフトが重要になります

強くて軽いカーボンはあたりまえ、特に含有率が高いものは軽いので最高ですが値段が高額となります


 便利アイテム、タモホルダー

シャフトが短めのタモをバックや腰に装着したり、長いシャフトをゲームベストの背中のD環へ取り付ける場合はタモホルダーが必要になります

例外としてプロックスのシャフトは最初から同社のタモホルダーがついています

他のメーカーでも簡易的なものが取り付けてあったりするのでシャフト選びをする時に考慮してみてはいかがでしょうか


 安物買いの銭失い

シャフトとネットが最初からセットになっていたりするものがあるみたいですがそちらを選ぶ場合は要注意です

危ないのはノーブランドで4000円~6000円クラスに多いように思います

その理由としてシャフトが重かったり、大きすぎたり、部品の交換ができなかったり、耐久性が低かったりとデメリットばかりです

後々買いなおさなくてもいいように最初から1万円くらいは出してしっかりしたものを手に入れるのが無難です

ただしルアー釣りで使わない、例えば移動の少ないエサ釣りや磯などで使用する場合はまた別の話しです


 魚が釣れた時のタモの取り扱い

ここからは魚を掛けてから取り込みまでの話しになります

特に5mくらいの長めのシャフトをゲームベストなどの背中に背負っている場合、取り込みに少しコツがいります

というのも竿を持っているので使えるのが片手だけなのです

私は最初「あれ??どうやって取り込みするんじゃー」ってなりました

下手にテンションを抜いてしまうとバレてしまうのでここからは慎重にやりとりをします

とりあえずランディングしやすそうなポイントまで魚を誘導したら焦らずに背中からタモを抜き取ってすばやくジョイントを起こし、自分の脇へ置きましょう

夜間の場合はここでライトをつけて魚の状態を確認します

まだ元気な場合は光で驚いて暴れようとするのでそれをやり過ごしつつ、ルアーがどのあたりに何本刺さっているのか、魚の大きさ、種類は何なのかも見ておきます

しばらくして暴れなくなったらようやく取り込みです

注意しないといけないのはあまり元気なうちに網を水につけてしまわないようにすることです

感づいて暴れることがあるのはもちろん水に浸かったネットはあまり自由がきかないので気を取られているとバラしに繋がります

なので十分弱らせるか取り込む直前までネットは水につけないようにしましょう

また、長いシャフトを使っているときのポイントですが水面までの距離が近い場合、一気に展開してはいけません

ネットは水面で一旦止まりますがシャフトが中途半端に伸びきってしまって操作できなくなります

これでは魚をすくうどころではありませんので必要な長さだけ展開するのが理想です

さて、魚をネットに入れる際ですが頭から入るように誘導してネットを引きながらすくいます

尻尾からはうまく入らないし魚が逃げようとするので厳禁です

シャフトの角度が寝すぎていたりネットのフレームを水の中に入れすぎるのもよくありません

無事に魚が入ったら上下にたぐり寄せるように上げましょう

横に持ち上げようとすると柄の部分が負荷に耐えれず壊れてしまいます


 魚と手を守るフィッシュグリップ

海の魚はとにかく暴れん坊が多いです

ルアーも大きめなものを使うのでフックを外す場合に魚が暴れるとケガのもとになります

フックを外した後も口に親指を入れて魚を持ついわゆるバス持ちもしないほうがいいです

歯が鋭かったり、顎の力が強い魚も多いのでこれもケガに繋がります

必ずフィッシュグリップを使いましょう

触れるのも最小限になるため手が生臭くなりにくいです


 フィッシュグリップでできる傷

フィッシュグリップを使うと魚の下顎の柔らかい部分が貫通してしまって穴が空いてしまってかわいそう・・・と思われる方がいるかもしれません

しかしこれが原因で魚が死んでしまうということはほとんどないと思われます

魚は再生能力、生命力共に非常に高いので多少ケガをしたりしてもすぐに直ってしまうのです

私は実験をして確かめたわけではありませんがネットを検索するとそういった事例は結構でてくるので気になる方は検索してみても面白いと思います


 オススメできないフィッシュグリップ


最初使っていたのはこちらのプロックスのフィッシュキャッチャーですが30センチ以上の魚を狙う場合あんまりオススメしません

手で触った感じは外れそうな気がしないのにいざ使ってみると高確率で魚を落とします


ラパラのアルマプログリッパー(APFG9)を使ったりもしましたがこちらは可もなく不可もなくです

長さも十分でデザインも良く一見良さそうにみえるフィシュグリップですがなかなかな落とし穴が潜んでいます

構造が中途半端に複雑でゴミが入りやすくパーツごとの精度もお世辞にも良いとは言えません

魚を保持する力はプロックスのフィッシュキャッチャーより格段に上なのですが・・・




タックル(道具)などの紹介です
 進化するタックル編 ルアーで狙うキビレ釣りまとめ

対キビレ用ルアーの紹介です
 対キビレ用ルアー

ロッドやリール以外のランディングギアも重要です
 必ず用意したいランディングネットとフィッシュグリップ

Amazonで買えるランディングネットのまとめです
 初心者向けオススメランディングネットまとめ

徳島市内に流れる新町川のポイント紹介です
 新町川ポイント紹介とおまけ

関連記事

Category: タックル、小物など

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/379-d88fbc9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)