05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

ライトゲーム用のタックルまとめ 

海でルアーを使うと色々な魚を釣ることができます

そんなターゲットをまとめて狙う私のライトゲーム用のタックルをまとめました

IMGP3452.jpg

左のベイトロッドから

ロッドアブガルシア ソルティステージ KR-X ベイトフィネスカスタム SBFC-782LT-KR
リールダイワ 14 タトゥーラ 103SHL
ラインサンヨーナイロン APPLAUD SUPER GT-R 10lb



底物からファーストムービング系のルアーに耐えれるようなものを探していたところ丁度ソルティステージのベイトフィネスロッドが見つかりました

このロッドの何が良いかというと対応ウエイトが2gから18gまでという幅の広さにあります

一本でチニング用テキサス1/8ozからシーバス用シンキングミノーまで投げれます

ティップは繊細で柔らかい竿にしてはワームの操作性もやりやすく、食い込みが良いので合わせもしっかり決まるし感度も驚くほど良好です

ベリーからバットにかけては程よい硬さでテーパーはレギュラーファーストくらいです

パワーはそこまでないため60を超えるようなシーバスや大型のチヌ、キビレの様な魚の急な突っ込みには注意が必要です

巻物で使った場合どうかなと思いましたが15グラムくらいまでのミノーなら問題なくキャストして巻いてこれます

飛距離に関してはガイドの数が多すぎる(なんと12個!)ので飛びを優先するならラインを細くするしかありません

PEを使う場合はガイドの中にFGノットを入れてしまうと全然飛ばせなくなります

2017年3月19日の釣行で残念ながら破損して使えなくなってしまいました

マイクロガイドには懲りたのでしばらくアブの竿を買うことはないでしょう


次にリールといきたいところですがその前に重要なのがラインセレクト

私は現在ほとんどサンヨーナイロン APPLAUD SUPER GT-Rをメインで使っています

気のせいかもしれませんがバックラッシュをしてラインが手元で絡みそうになってしまっても元通りになる確率がGT-Rはかなり高いです

強度もあるし本当に使いやすいラインです

もしシーバスがヒットした時のことを考えて最初は12lbをセレクトしようと思っていましたがキャストの伸びやクセのついたラインの馴染みやすさを考慮して10lbを選択してます

8lbもスピニングで試していたときがありましたがベイトはドラグの設定がややハードな傾向にあるので少し余裕をもたせて10lbにしています

では10lbラインが100m以上巻けて、ソルト対応していてバックラッシュに強いリール、そして2万円以下(ここ大事)となると実用に耐えれそうなリールを探した時に使えそうなのがダイワの14 タトゥーラしかなかったのです

さて、その14 タトゥーラ 103SHLですがギア比違いで3機種のラインナップがあります

エクストラハイギアのXHLは1万円中盤という中堅のリールにしては頑張りすぎているのかどうしてもハイギア化による巻きの重さが気になってしてしまいます

ではノーマルのHLが巻き心地も軽くて一番良いかと思いきや今度はスカスカになりすぎてあまり良くありませんでした

同じような軽い巻き心地でも14 コンクエストクラスになるとシルキーと呼ぶにふさわしいですがタトゥーラは安っぽいおもちゃのようなタッチです

なので巻き心地に関しては3台比較してバランスがとれていた真ん中のギア比であるSHLという選択になりました


次に右のスピニングロッド

ロッド: シマノ ソアレゲーム S803ULT30
リールシマノ アルテグラ C2000HGS
ラインサンヨーナイロン GT-R Pink Selection 300m 3.5lb



このセットは軽量ジグヘッドでのアジ、メバル、ガシラをメインに構成されてます

ロッドなんですがなんといっても軽さに驚きます

8フィートを超えるロッドなのに持ち重りがまったくしません

ティップはとてもしなやかでメバルやアジの繊細なアタリを上手く乗せてくれます

そしてこのシャキッとした使用感は最高です

長さとしなやかさのおかげで1.5gのジグヘッドがとても気持ちよく飛ぶし、アジやメバル用にしてはちょっとバットの張りが強めのロッドですがもしモンスターがかかった時のことを考えると安心感もあります

数千円のノーブランドのロッドでも釣果に差が出にくい釣りだと思いますがやはり専用品はひと味違います


リールは細いラインを巻くのを前提にある程度のクラスのものがあればいいですがラインが結構重要です

軽量ジグヘッドが十分に飛んでバックラッシュしなくてアタリが取れればOKなんですがフロロの細いのはオススメしません

少し前までフロロが一般的だったように思いますが、3lbを使っていた時に現場でバックラッシュをして全部糸が無くなってしまうことが多々あり、すっかりフロロ恐怖症になってしまいました

夜は明かりをつけても暗いのでライントラブルは致命的です

現在私はGT-Rのナイロン3.5lbをアルテグラに巻いて使っていますがほぼノートラブルで気持よく釣りが楽しめています

巷ではPEを使う傾向があるようですがフィールドや釣り場の状況、好みで色々試してみることをオススメします

関連記事

Category: タックル、小物など

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/400-dec419c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)