07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

強風と氷点下 

久々に夜に釣り行く時間ができたので強風が吹き荒れるなか鳴門方面へ

2/9

19時30過ぎに中学からの同級生E氏と合流

E氏は私と同じく出戻り組で去年に徳島へ戻ってきた

高校の頃はよく私と釣りに行っていっていたこともあり、私の誘いでまずバス釣りを再開

現在は道具を拡張してもらいキビレ、メバル、シーバスまで釣りを広げた

E氏の仕事が終わったとの連絡をうけ、私は車が出せなかったので迎えにきてもらう

車内では日曜にE氏が大阪フィッシングショーへ行った時の話

「来年いけたらな」と思うが今の職場は月始めに抜けることが難しいため来年も期待はできない

お互い夕食がまだなので「とりあえず」で軽食を取りにマクドに入る

食事のあとはここ最近の強風の影響を考えて風裏から攻めるために北泊の旧港へ

この日の作戦としては満潮が23時前だったので北からまずメバルでリハビリ

これはしばらく釣りに行ってなかったのでアタリを取るというカンを養う意味もある

満潮の時間に水深の浅い撫養川筋を攻めたいので徐々に南下しながら最後はシーバス狙い

21時前にようやく北泊について準備開始、やはり強風、潮も激しく動いていて港内でも激流

2グラムのジグヘッドでメバル狙い

反応がないので1グラムにして表層狙い

ようやく1匹チビメバルが釣れてくる

対岸の灯の下で小魚がボイルしているので移動

灯りの近くまで行って明暗にキャスト

E氏が近くの水たまりが凍っているのに気がつく

「鳴門でここまで冷え込むのは珍しいな」なんて言っているうちに表層でまたメバルを2匹追加

でもサイズは小さい

と、ここで水中にシーバスが見える

急いで車内に残してきたシーバスタックルに持ち替えてシーバス狙い

PB20からスタートしてショアラインシャイナーSSR、シーバスハンター3Fの大きい方を通すが反応なし

風が次第に弱くなってキャストしやすくなったが「そろそろ移動しようか」で諦めて移動

時間はすでに10時過ぎ、粘りすぎたか

このあと撫養川筋のうずしお橋周辺を狙う

風はほとんどなく水面も穏やかだが魚はいない

このへんは水深が1メートルもないためimaのシャローミノーのgeneをひと通り投げた

反応なしで車に戻る

もう一箇所行きたいところがあったがE氏が「時間もアレやしもう満足」で23時30ごろ納竿にする


関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/409-233d3c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)