09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

甘くない3月、苦行続き 

今回は3日分の釣行をまとめて書いていきます

結果から言うとほぼノーフィッシュに近いです

おそらく5月になればキビレが釣れてくるようになるはずなのでそれまではこの調子が続くかもしれません


3/16

ふと目覚めたら深夜1時過ぎ

行ける時にいっとこうというわけで道具を車へ積み込んで2時過ぎに出撃

最初は徳島港のテトラ帯でガシラとメバル狙い

マリンピアの方で最初に竿を出そうかとおもっていたが車を止めて様子を見に少し歩くとシラスボートの光が多数見えたので諦めて徳島港へ向かう

いつものガシラ狙いのソルティーステージ+タトゥーラのベイトセットとソアレゲーム+アルテグラセットを手に暗いテトラによじ登る

・・・この場所でメバルが釣れた試しはないが調査の意味合いもあってこの日はメバルタックルを持ち込んでみた

まずはベイトで比較的簡単に釣れるガシラ狙いから始めるがなかなかアタリはない

そう遠くない場所にシラスボートが見えていたがすぐいなくなってしまう

風はあまり強くないがもしバランスを崩してテトラの隙間から転落すれば命が危ないかもしれない

足場がかなり高く、水面まではおよそ5メートル

運良く無傷で海に着水したとしてもよじ登るのはほぼ無理

「こういう場所はこんな時間に一人で来るもんじゃないな」と思いつつどうしても釣りたいのでぽっかり空いたテトラの穴を一つ一つ慎重にかわして沖側の方へ立ち、1/4ozテキサスをキャストしていく

ポイントを変えながら1時間くらいして「コツ!」という気持ちのいい当たりで合わせてみるとようやく15センチほどのガシラが釣れてきた

「よし、味噌汁にできるくらい釣りたいな」と思いながら4時くらいまで粘るもアタリ無し

メバル狙いでスプリットリグのジグヘッドも度々遠投してみたが何も出ず

満潮は4時過ぎなのでマリンピアの旧堤防へ移動

工事があってしばらく入れなかったがようやく完成したらしく入れるようになっていた

西側から丁寧に底を探るがアタリはゼロ

薄明るくなってきたので「もしかしてシーバス出るかも」という甘い考えでコモモ125を投げまくるが風で運悪くバックラッシュ

ラインを出して直しているとハンドルやドラグまわりに絡まってしまう

「ええい、もうベイトは次買うとき右ハンドル買おう」

左ハンドルは投げてすぐ巻けるし、利き腕でロッドを操作できるためそこからすぐアタリに対応できたりするのがいいけれど、こういうトラブルもあったりするから難しい

大きく時間をロスして結局朝マズメまで粘ったが釣れたのはガシラ一匹のみ

残念ながら味噌汁にはありつけなかった


3/19

遠出するのが億劫だったので20時頃に家から近い新町川へ

ソバット80をメインで吉野橋まで流してみたが静かな時間だけが過ぎる

橋の下へも散々投げ込んでみたが魚はついていない

キャスト練習の1時間だった


3/20

久々の丸一日休み

そろそろ暖かくなって来たこともあり午前中はブラックバス狙いで旧吉野川へ行ってみることにする

9時出発で、タックルはめちゃ古いラッキークラフトの竿+タトゥーラと、バス釣りではいつも使っている12 スコーピオンXT+クロナークのベイト2本

ポイントとして最初に向かった場所は旧吉野川最下流のシャローエリア

そろそろ春を意識してシャローにさしてきているバスをミノーのジャーキングで釣りたかったので、まずはラッキーの竿でソバット80をトゥイッチ+ジャーク、ストップも入れて沈ませてみる

北からかなり強い風が吹いているのでちょっと投げづらい

「シーバス用のミノーでバス釣れるかな」と思うがアタリがないのでルアーチェンジ

ボーマーのロングA、ストームのトゥイッチスティックを試してみる

両方共、タックルベリーで発見して500円以下の格安で手に入れたわりにまともな動きをする

「形はブサイクなところあるけど十分使えるな」と思いながら自分が気に入って買ったルアーは投げるだけでもわりと楽しい

上流側へ移動しながら護岸沿いをずっと流して用水路へ水を取り込むアウトレットがある場所まで来た

水門は開いてるかどうかわからなかったが魚がついていそうなのでピッチンスティックの1/32oz超ライトテキサスをセットしていたスコーピオンでキャスト

「ピッチンスティックめっちゃ綺麗に飛ぶなあ、動きも難しいことせんでもよさそうやし」

沈んでいるストラクチャーに絡めつつフォールさせたりしてみるが結局このあたり一帯のシャローで魚は出ず移動する

すこし上流までさかのぼって高速道路が通る橋の下あたりまで来た

最近、徳島自動車道と高松自動車道がようやく繋がって四国横断自動車道なんていう超短いくせに大げさな名前の高速ができたがその自動車道と旧吉野川が交差する場所である

さっきの場所では風で水面が波立ってたがここのシャローエリアは風がほとんど当たっておらず凪の状態

もしかしてと思い、スピットゥンイメージ?どう読むのか分からないが中古屋で50円で買ったヘドンのペンシルを試してみる

ショートピッチで首をふり、中に入ったラトルがチャリチャリと高い音を出してくれる

ロッドワークに対する反応もすこぶる良好で動かしやすい

「さすがヘドンやな、50円とは思えん」

こんな面白いルアーが人気なくて捨て値になってしまうんだろうと思うが、人気のないおかげで安く買えてしまうから中古屋で掘り出し物を見つけるのは楽しい

ただ、冬場に中古屋へよく行っていたせいでタックルボックスには未使用のルアーが大量に増えてしまった

ルアーが自分の家でコレクションを楽しむいわばおもちゃになっているがそれもまたバス釣りの楽しみだと思う

次は500円くらいで買ったザラⅡを結んで投げてみる

ザラIIはもともと後ろのアイにフックが直でつけてあったが中古品で針が少し甘いので外してダブルフックに交換してある

リアがダブルなのでフロントも合わせてダブルフックにした

空気抵抗が少なく、5/18ozもあって重いので非常によく飛ぶ

着水してアクションを入れてみると首振りと同時になんとも言えない独特な音が出る

動かし易さはさっき結んでいたスピットゥンイメージの方が簡単な気がしたがロールしながらのテーブルターンはさすがザラの名前を引き継いでいるというべきか迫力がある動きをする

「ダブルにしたからノリ悪そうやけど、ゆっくり動かすような使い方やとええかな」で、今度はスーパースプークジュニアを結んでキャスト

ジュニアは一番大きいスーパースプークのダウンサイズ版だが国内では最も扱いやすいサイズではないだろうかと思う

小さいけど動きは秀逸で水がらみがよく、誰が使っても釣れそうなアクションがだせそう

まさにペンシルのお手本のような動きだ

「まず一匹釣りたいってときはこれ投げといたらいいかも」そう思わせるルアーだった

しばらくトップウォーターで遊んでいたがそろそろ魚を釣りたいのでマジメモードに戻る

クランクとピッチンスティックで護岸沿いを丁寧に探っていく

橋の下まで歩いて行き広範囲にクランクを投げているとルアーの後ろに魚がついてきた

20cmくらいの魚だったのでバスかウグイかもしれない

すぐUターンして見えなくなってしまったがついてこれる魚がいるというだけで士気が上がったが結局釣れず移動

肉の井上の様子を見に行って同じく攻めてみるが反応なし

お昼頃、納竿としたが一日休みというのもあって夕マズメはシーバス狙いで吉野川下流域へ

18時30分頃に家を出てまずは旧の吉野川橋の下でキャスト開始

E氏も合流する予定だったが仕事で呼び出しがあり残念ながら不参加となる

セオリー通りに橋の明暗にコモモ80や125をキャストするが魚はいない

開始からすぐに急激に潮が引き始めてきたのでそこそこにして今度は新の吉野川橋の下へ

2日前くらいの雨で水は濁りが入り、下げ潮が入って流れもかなりあったので釣れそうな気配

ボイルが2、3回あったがルアーは発見してもらえず釣果なし

2時間ほどがんばったが諦めて納竿とする

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/419-19344ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)