09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

3月のトップウォーター、ようやくラパラで初バス 

シーバスが全然なので最近気温も温かくなりはじめたこともあり、バス釣りへ出かけるようにしています

今回は2日分の釣行日誌になります


3/26

風は強いが時間ができたので15時頃出発

「ここ1、2週間ほど温かい日が多かったけどまだ水中は冬の釣りだろな、でもスローな釣りは面白くないし」

というわけで今日も竿はラッキー竿とタトゥーラ、12 スコーピオンとクロナークのベイト2本

まずは日の当たるシャローで活性の高そうなバスを狙うため、旧吉野川の北島町親水公園の対岸から開始する

ラバージグでややゆっくり目にシャローを探るがこのあたりはリップラップ(ごろた石)であっという間に根がかりしてしまう

「ラバージグが何個あっても足りん」で、ラバージグ中止

TDミノーSPでしばらくジャーキングをしていたがレンジが浅すぎると思い、ウォーリーダイバーのジョイントにしてボトムの石まわりをゆっくり丁寧に泳がせるが根がかりしてロスト

レンジを少し浅めするためモデルAにするもこちらも根がかり

幸いリップが引っかかっていただけだったらしく引っ張ってラインが切れると浮かんできたためペンシルを結んでプカプカ浮いているのを救出

根がかりが怖いのでここからはスコーピオンの方で5インチセンコーをトゥイッチ、ダート、フォールを混ぜた不規則なアクションでアクティブな春バスを探す

歩ける範囲はほぼチェックしたが水中に魚の影はないしアタリも無いため17時頃移動

第二大谷川と旧吉野川本流が合流する場所にある天神免橋へ

TDミノーSPで沈められているテトラの上にいそうなバスをジャーキングで誘うがやはり無反応

もうすぐ夕マズメということでダメ元でトップウォーターを結んでみる

まずは買ってから初めて投げてみるスウェイバックザラスプーク

スウェイバックは呼んで字のごとくちょっと反ったザラである

形はオリジナルと近いのでどこが違うのかと思っていたがまったく異なるルアーだった

オリジナルと比較すると、まず浮き姿勢が立ち気味でダイビングに近いアクションが得意

スケーティングより細かいドッグウォークをつけるのに向いている

重さが5/8ozとオリジナルの3/4ozより少し軽いのでライトなタックルでも扱えるといった具合にヘドンがエラー品を公式採用しただけあって姿が似ているだけではないようだ

今度はシマノのペンシルを結んで投げる

シマノは私がバス釣りをよくしていた学生時代にはかなりの数のバスルアーを売っていたが今や全滅

中古屋でも滅多に見かけないがこの冬に偶然タックルベリーで発見して懐かしく思い購入していた

やや小型のペンシルだがウエイトはしっかりしているのでよく飛ぶ

動きはスーパースプークジュニアのような甲乙つけがたい動き

強いて特徴を挙げるとするとルアーの中に金属の反射板が入っておりロールした時に起こるフラッシングがバスを誘うのかもしれない

「まあ3月やし出ることはまずないか」と思っていたが護岸沿いをかすめるようにルアーをトレースしているとほとんど足元に近いような場所からバスが飛び出してきてルアーに一度アタックをカマして消えていった

「うわ!そこで出るか!惜しいな」と思って声が出そうになった

即同じ場所にまたキャストするが反応なし

辺りも暗くなってきたため納竿とした


3/29

この日は朝早くから雨、予報は一日雨だったが14時過ぎくらいに止んでいた

15時を過ぎて路面が乾いてきて日も差してきた

「これは行けるかな」で26日とまったく同じ道具を用意して15時30頃に家を出る

まず前回バスの反応があった天神免橋付近から開始する

風は無く、流れが少しあったが濁りはそれほど無く状況は悪くはなさそうだ

ダメ元でスウェイバックザラスプークでチェックを開始するがこの前のようなトップウォーターでの奇跡は起こらない

諦めてスコーピオンの竿に5インチセンコーがつけたままになっていたのをテトラの隙間に落としたりしながら広範囲をトゥイッチ、ダート、フォールで誘うが同じ

動きが比較的ゆっくり目のラパラのスキャッターラップシャッドをラッキー竿にセットしてテトラ周りをヨタヨタさせながら泳がせてみるがバスの姿がないので16時30過ぎに移動

次のポイントに迷いつつどこに入るか考えていたら藍住大橋まで来てしまう

北岸で竿を出そうかと思ったら先行者らしい車が止まっていたのでかなり先まで行ってUターン

道が細いので少しのミスが命取りである

時間をロスして17時過ぎに南岸の用水路横へ入る

ルアーは先ほどセットしていたスキャッターラップシャッド

用水路が流れこんでいるあたりは濁っていることが多く、そのまわりからチェックしていると足元から魚が飛び出してきてルアーをパクリ

DSC_0106.jpg DSCN1349.jpg
丸々とした43cmのブラック

DSC_0108.jpg
ヒットルアーはコレ

ラパラのルアーは思わぬ魚を呼んでくれると思う

このスキャッターラップシャッドは軽い部類のルアーなので少々投げにくいが面白い動きをするためお気に入りだ

その後も投げ切ったがもう一匹は出ずに18時30頃、納竿


関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: 釣り

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/421-ab222773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)