04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

旧吉野川、用水路系50アップ 

ここのところ旧吉野川本流筋は私が釣りに行けるときはかなり減水していることが多くて狙いづらいです

雨の影響で水が良さそうな用水路系エリアに今回も行ってみたところそれが正解だったのか、意外なところから50アップが出ました

4/18

午前中はツーリングへ行っていたためその片付けなどもあり出発は遅めの15時過ぎ

道がかなり混んでいて釣り場に着くまでいつもの倍くらい時間がかかってしまう

今回は減水している本流筋は狙わずに天神免橋のところから第二大谷川方面に入ってすぐの広めの用水路エリアに的を絞ることにした

ライトリグの練習をしてみようかと思っていたがこのあたりのエリアは広く、日没が迫っているため時間が無い

いつものプラグ用で使っているラッキー竿にタトゥーラセットへラパラのシャローファットラップを結んでまずは北岸から西向きに歩きつつチェック開始

たまに対岸へも投げつつ、護岸沿いや所々点在する土管の出口やハシゴなどのストラクチャーの横を通していく

しかし西からの風がかなり強くキャストしてもルアーが流れて綺麗に飛ばない

ブレーキを何度も調整しつつ第二大谷川に繋がる水門近くまでの50メートルほどを歩きながらチェック

水の色はいつもと変わらず濁っているが表層付近は落ち着いていて水深30cmくらいまでは動いているルアーが確認できる

水質的にはバスは十分ルアーを認識できそうなので表層で動かしたり、トゥイッチ、ストップアンドゴー、などのアクションを不規則に入れていく

水門まわりまで来ると他の釣り人がいたため引き返して西側へ向かいつつキャストを続ける

足元には所々草が水面へオーバーハングしていて護岸ギリギリに通せないところもあるがなるべく平行に丁寧にキャストを繰り返していると

竿に伝わってくるはずのバイブレーションが消えたと思ったらずっしりと重さを感じる

これは魚かと思った瞬間、目の前に巨大なバスが横切るのが見えた

急いで巻き合わせしてネットを展開し、取り込む

DSC_0133.jpg
一瞬の出来事だったが「確実に50はあるな」で計測する

DSCN1361.jpg
すばらしいコンディションのブラック53cm

用水路系の魚とはいえ旧吉野川の近くでこのサイズが釣れてくれるとは思っていなかったので久々に手が震えた


シャローファットラップ SFR07

私の持っているシャローファットラップはポイントで投げ売りされていた復刻版で、作りは国産ルアーと比べると雑だし動きも飛び抜けたようなところはないように思うがとても使いやすいため出番が多い

まず14gと重さが十分にあるためキャストコントロールもよく、飛ぶ

使われてる素材のバルサのおかげかゆっくり巻いてもよく動くし、浮力が高いためシャローでウェイキングで使ってもいいし、少し潜らせて止めて浮かせたり、水中でトゥイッチしたりしても気持よく使えるのが気に入っている

ボディサイズにボリュームがあるため今回のフィールドみたいな濁りが入っていたり、広いエリアであっても魚に気づいてもらいやすい点もいいと思う

シーバスにもいいのではないだろうかということでシーバス用のボックスにもいつも入れているが残念ながらまだ釣果はない

DSC_0140.jpg


さきほどのバスが釣れたこともあり、このエリアでまだ魚が期待できそうなため北岸の端まで流し、同じように南岸もシャローファットラップを投げきるが反応なし

あたりが暗くなりはじめてきたので18時30分頃、納竿とした


このあと夕食を取り21時からシーバス狙いで新町川の病院裏へ行ってみたがボイルらしいものがあるし、ベイトも沢山いるがシーバスはかすりもせず

1時間ほどで諦めて帰宅した

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/431-828ef0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)