09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

夜は沖洲川、朝は大谷川のポイント開拓 

昨日は夜にシーバス、今日は午前中にブラック狙いでそれぞれ行ってきました

魚をまだキャッチしたことのないエリアなので苦戦しましたが一応釣果を残すことができました

4/23

21時30頃に現場到着

場所は沖洲川と新町川の合流点の近くにかかる橋の近く

満潮からの下げ始めで遠くには三日月が見える

潮はまだそれほど動いてないらしく川の流れも穏やかだ

本日のロッドセレクトは今は亡きダイコーの対シーバス用ロッド「クロスブリード」にリールは「12 カルディア」

キビレ調査もかねてライトな装備も持ちだそうと思ったが、翌朝のブラック釣行へもそのまま移行できる「11 スコーピオンXT」にリールは「14 カルディア」というセットになった

最初は西岸からスタート

1/8ozテキサスを投げていたがやはりバスロッドではやや使い勝手がよろしくないため気分転換にクロスブリードへ持ち替える

北へ移動しつつシャローファットラップを投げていると何回かボイルらしきものはある様子

遠投の効くカッター115で広範囲に水面下を探るも無反応

時々、スコーピオンへ持ち替えてキビレがいないかチェックする

水底はほぼ泥か砂のような感じで沖へなだらかに深くなっており、引っかかりも少ないため地形はあまり複雑ではない印象だ

300メートルほど北へ歩いてきていたが灯りのある橋のあたりまで戻って前回の釣行で反応のあったLV100にして再度橋の近くを打つが時間だけが過ぎる

潮が引いてきている様子だったため次のポイントへ

ケーズ電気前に到着し、コモモ125SFで漁港まわりを通していく

時々、ボイルらしき音はするが音が軽い

以前、あらたえ裏でキビレを狙っていてウグイが釣れたことがあるが犯人はコイツかもしれない

対岸へ渡り、ショアラインシャイナーの一番シャロー寄りのミノーを投げていく

23時前になり急に潮が動き出して新町川方面へ流れが速くなった

水中へライトを当てると小魚は大量にいるみたいだが、ルアーを食ってくる魚とは出会えず23時30頃、納竿となる


4/24

前日のシーバス釣行が思うようにいかなかったため腰が重かったが8時前に出発

通勤時間丁度に家を出てしまい「そういえば平日だったな」で、うんざりしながら渋滞している街をのろのろ通過

どこに行くかもはっきり考えてなかったのでまずは肉の井上の様子を見に行く

いこいの広場へ車を止めて徒歩移動、「今日はライトリグ久々にやってみるか」で竿は昨日の夜もキビレ釣りで使っていたものと同じ

ルアーはワンナップシャッドの1.9gダウンショット、リーダーは竿が短いため20cm程度とした

キャストを開始しようとすると岸から20メートル程沖で水面下をバスらしき魚が小魚をチェイスしていた

「食い気あるやつまだおるみたいやな」で、車へ置き忘れていたネットと11 スコーピオン+タトゥーラセットにヘドンのペンシル「スピッティンイメージ」を結ぶ

やっぱりライトリグよりベイトでハードルアーを引いてるほうが楽しい

ペンシルを引きながらシャローを観察していたがバスの姿はない

そろそろスポーニングなのでベットくらいあるかなと思っていたが拍子抜けだ

エリアが違うのか、まだ濁りが少し残っている影響で見えないだけなのだろうか

いずれにせよトップに反応するバスはいないらしく、すぐダウンショットへ持ち替えてブレイクのあたりへ送り込んでいく

しかしスローな動作が続くため睡魔に襲われ思わず座り込んでしまう

昨日の釣りで家に戻ったのが遅かったのと強い日差しによる暖かさの影響だろうか

「寝たら釣れん」とエリアを見切って車へ戻り、コンビニでエナジードリンクを補給してアドレナリンの力を借りる

駐車場でスマホのグーグルマップ片手に「次どこ行こうかな」で大谷川の調査を思いつく

水深が浅く、流れも穏やかなところが多い川なのでスポーニングを意識した魚が入ってきていることも十分考えられる

10時頃に大谷川と旧吉野川を結ぶ大谷川水門へ到着

水門の外は汽水だがここまで魚が来ていることが確認できれば次のポイント開拓の足がかりには十分である

車を降りてスコーピオン+タトゥーラセットでベイト一本勝負に出る

足場が高いが底が見えるほど浅いためラッキークラフトのLV0を結んでキャストを開始したのはいいがこのバイブレーションはすこし特殊な性質をしていて

巻く速度が速いとすぐ浮き上がって水面に飛び出してしまう

レンジをキープするにはかなりゆっくり巻く必要があるためバスの闘争心を煽るような使い方にはあまり向いていないだろうと思う

この時の狙いとしてはエリアが広いので手返し重視であることと、できればスポーニング中のバスではなくやる気のある魚を探したかったのでかわりにLV100にした

浅すぎて底にコンタクトする場面もあって根がかりが怖い

キャストを繰り返していると地元の人が畑をやりに来たので挨拶をしてみると

畑人「釣れますか?」

私「ここははじめて来ました。この辺りで釣りしてる人いますか?」

畑人「去年の今頃、取材が来てましたよ。雑誌にでものったんでしょう」

なるほど、どうやらラッキーじゃない方のレベルシリーズを手がけるあの人が来ていたらしい

畑人と別れてしばらく進んだところで変なアタリ

「ゴミかな?いやボラスレかな」

DSC_0147.jpg
豆ブラックだった

でもプラグで釣った一匹は嬉しい

早々にリリースして対岸に渡って広く探るが泳いでいるのはボラばかり

水門の近くは諦めて少し戻って55号線が見えるあたりまで歩いて移動

それまで堤防のようなところの上から投げていたが降りる場所があり、護岸されている

下へ降りてダイワのTDクランク スカウター 60SSRというシャロークランクを結ぶ

このルアーは今から数年前に拾ったもの

ハリは錆びてボロボロだったが塗装は新品同様で綺麗だったため使わずにケースに入って眠っていた

冬に他に拾ったルアーも合わせて針を買ってつけたので復活させることができた

普通に潜らせると限界潜行深度は50、60cmといったところだろうか

リップの角度が立ち気味なのでウェイキングでも使えるかなと思ったがやや波紋が弱々しい

「綺麗に飛ぶし、まっすぐ動く。問題なし」

ルアーの観察もしつつ護岸沿いを丁寧に通しながら歩いて行けるところまで流していく

このあたりは水深がある程度あるらしく1m程

草が生い茂っていて進めなくなったので戻りながらTDミノー SP、M-1 インスパイアミノーを投げてトゥイッチ、ジャーキングをしてみるがルアーやラインにコンタクトしたボラがびっくりして散っていくだけ

だいたいチェックできたが魚は出ず、12時頃に納竿とした

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/433-9ecbd704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)