06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

新装備にて得た可能性 

シーバスゲームの装備を拡張したので3日も連続で釣りへ行ってしまいました


6/13
シーバス狙いで試したいことがあったので明るいうちから移動開始

15時頃にまず向かったのは津田港

下見もかねて船の出入りするところでキャストしているとリーダー部分がまさかのスッポ抜け

最近買ったばかりの邪道のメタルバイブレーション「冷音」をロストしてしまう

「今日まで問題なかったのに怖いな、結び目傷んでたんかもしれんしこれからこまめにやり直そう」

渋々リーダーを付け直す

バイブレーションやスピンテールのドップラーをキャストしていたがベイトも見えずボイルもないので車へ戻り、次の場所へ

移動中に漁港へライターを忘れたことに気づく

「喫煙者じゃないとライターなんか普段持ち歩かんし忘れてしまうな、100均でまた買おう」

次は木材置き場がある東向きの広大な防波堤へ

到着するとほとんど車の止める場所がないくらい賑わっている

はしごを登って防波堤へ上がると見渡すだけで20人以上が釣りを楽しんでいるようだ

「何が釣れるんだろか」で近づいてみると家族でアジ、イワシをサビキで釣ってる人や、ウキでフカセっぽい釣りをしている人もいる

そして背中に大きめのネットを背負ったシーバス狙いの人も何人かいる様子だ

先端へ向かう途中のテトラから勝浦川向きへバイブレーションをキャストしたりしていたが反応がないので対岸に一文字が見える防波堤の先のコーナー付近へ移動

ベイトはかなり回っているようで近くでサビキをしている人には次々に魚が掛かっている

しかしシーバスは誰一人釣れていない

ワームを投げていた人にヒットがあったが上がってきたのはエソ

私は東の一文字側へ淡々とキャストしていたが潮通しが良すぎて30グラムのジグですら底が取れないほど北へ流される

「なら岸壁ジギングにしてみよう」で移動しながら足元へジグを落としこんでシャクって行く

すると着底からワンアクションさせた瞬間に当たり

DSC_0235.jpg
始めてジグで釣ったのは20センチくらいのガシラだった

そのまま端の方までひたすらジグを打ち続けるが無反応

行き止まりとなるテトラエリア付近に到達し、日が傾いてきてジグでは厳しそうになってきたのでルアーチェンジを繰り返すがかすりもしない

19時を過ぎて日が暮れると南からの風がかなり強く吹くようになり、まともにキャストできない状況になる

戻りながらテクトロをしたりして攻め続けたがまるでダメ

20時前に納竿となった


6/14
気合を入れて4時起床

空港手前のセブンイレブンで朝食を買い込み、朝マヅメ勝負は群緑空港側テトラエリアへ

先端のコーナーへ向かうとすでに2人の釣り人がルアーを投げていた

4時30過ぎだというのに結構明るいため剛力120で表層をチェックしたのちにPB24、ドップラーでボトム周辺をチェック

北向きでキャストをしていたが東向きの方もチェックしたかったので少し場所をかえてフレーミングダートをキャストしていたが南から漁船が2艇網を引きながらこちらへ向かってくる

「これは投げたら届いて引っかかってしまうな」で朝食タイム

DSCN1443.jpg

漁船が目の前をゆっくり通り過ぎていったので再開

最初キャストしていたコーナー付近へ戻り、北側へ向かって30gのジグをキャストしていると底からかなり浮かせたところでガツンとヒット

DSCN1446.jpg
強引なやりとりでキャッチしたのはエソ

漁船が網を引いているくらいなのでベイトはかなりいるようだがシーバスは釣れず、7時前になったので移動

吉野川河口の川内温泉の前へ

潮も動いているせいか海側へ流れがかなり強い

エリアが広大なのでバイブレーション系のルアーを投げていたが反応がない

「もっとリアクション狙いにしたほうがいいかな」と思い、また30gのジグをセット

遠投してフォール、アクション、フォールの繰り返し

開始した地点から100メートルほど上流へ流した場所の中層でドカンと当たり

サイズはそこまで大きくはないみたいだが水面まで上がってきたと思ったらド派手なエラ洗い

やっとシーバス来たと思った瞬間ジグがぶっ飛んでさようなら

「悔やまれる、フッキング難しいな」で肩を落とす

その後、ヒットはあったがエソだった

テトラの上で針を外そうとしていると暴れてフィッシュキャッチャーから魚が外れて落下

途中でカキ殻へ引っかかってしまい、磔のような格好になってしまう

「参ったな、エソはしかたないとしてもジグ回収したいし」

竿をテトラの穴へ入れて引っ張ってみるがPEがリーダー手前からパチンと切れてしまい魚とジグがそのまま取り残されてしまった

「車に戻ってあれ取ってくるか、バス釣り用でと思ってたのにこんなに早く使うことになるとは・・・」

DSC_0236.jpg
苦労したがルアーキャッチャーで引っ掛けてなんとか回収成功

エソは海の藻屑となってしまった

集中力も切れたので9時前に納竿となる


そして夕方

DSCN1448.jpg
懲りずに吉野川河口へ行ってみたがまったく当たらず19時30納竿

せめてキビレでも釣りたいと思い、21時出発であらたえ裏へ

干潮の時間帯で水もなく、ほとんど潮も動いてない

スナップショットにリングクローミニで探っていたが豆当たりはあるものの乗らない

クローンクローにして水中が見えるか見えないかの浅場でヒット

DSC_0239.jpg DSC_0240.jpg
25cmくらい

なんとか魚をキャッチできたが後が続かず23時頃納竿


6/15

またも4時起床

これだけ釣りに熱中できるのは中学の時以来かもしれない

道具も増えたし色々試してみたいこともある

去年くらいからゲームをするより釣りがおもしろい

もちろん時間はまるで足りない

群緑旧吉野川側の防波堤で竿を出す

満潮からの下げで丁度いい感じに水も動いている

E氏が最近ポッパーでシーバスやチヌを釣ったらしいので「まさかトップで出たりせんかな」でサミー85をキャストするが何も起こらず

ミノー系も投げていたが反応がないため「困ったときはジグ」ということで30gのジグを遠投

かなり激し目のジャークからカーブフォールさせた瞬間にトンッと当たり

リールを巻きながら魚の位置とは逆方向へ体を移動しながら合わせる

「よっしゃ乗った」

しかし期待も虚しく浮かんできたのはエソ

「何が釣れたん?」と堤防を散歩中の老人に声をかけられる

「エソでした。ダメですね」で老人立ち去る

エソをリリースして今度は反対側の向きとなるテトラへ登るとシャローの方でナブラのような大ボイルが発生しているのが見える

バイブレーションをキャストしてみたが飛距離が全然足りない

ジグをぶっ飛ばしても届かないのでボイルが起こっている近くのテトラへ移動

「おるのになあ」でキャストを繰り返していると5メーターほど前の沈んだテトラにジグが引っかかりロスト

リーダーをやり直していると他のシーバス狙いの人から声をかけられ、しばらく雑談

今日も漁船が網を引いていてイワシもかなり回ってきている様子だが相変わらずシーバスはヒットしない

諦めて吉野川河口へ移動

テトラの上からジグを投げていると強烈な当たりがあってシーバスを期待したがやはりエソ

それもスレがかり

うっかり手前の方まで攻めすぎて30gシグを1つロスト

成果なく9時前納竿となる

DSCN1453.jpg DSCN1456.jpg

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/453-e3bfc3aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。