03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

絶好のタイミングだと思ったが 

梅雨に入ってしばらくになりますが気温もほどよい状態が続いています

雨が降ったりして魚のモチベーションも上向きだと思っていましたが・・・

7/5
ブラックとキビレは少しずつ釣れているため本日の狙いはシーバスオンリー

16時過ぎにポイントへ寄ったついでに沖洲川と新町川の合流地点へ

車から降りるとテトラからリップラップになるあたりにワタリガニが数匹いた

ベイトらしい小魚も見える

とりあえずバイブレーションメインで広範囲に流してみるが何もない

PB20にしたりもしたがダメ

諦めて移動

しらさぎ大橋を渡り、吉野川河口から1キロほど手前で再開

流れもあまりなく釣れそうな気配はない

「夕マズメまで粘ってみよう」ということでバイブレーションをひたすらキャスト

1時間ほどで上流に向かって流れが出てき始めたためシンキングペンシルへ

最近買ったアピアのパンチラインマッスルを流れに乗せてフォールさせたりして試しているとガツンと根がかり

結局外れることなく10投くらいでまさかのロスト

「重い方のマッスルにしたのがまずかったか」

沈む速度が思ったよりも速かったらしく何もつかめず無駄になってしまった

とにかくシンキングペンシルはレンジのコントロールが難しい

今どこを引いているのかさっぱりわからないし引きすぎると今度は浮きすぎてしまう

しぶしぶリーダーを付け直してミノーで再開

少し薄暗くなって流れもいい感じに出てきたがヒットはない

20時くらいになって諦めて移動

今度は吉野川大橋の下へ

ここは浅いのでミノー系のルアーをローテーション

先ほどロストしたパンチラインでシンキングペンシルはトラウマになってしまったが

ハニートラップの大きい方と小さい方もキャスト

浅いのであまり小技をきかせると危ないのでとろとろ巻くだけにしてほどほどに攻める

ボイルも何もなく21時頃納竿

家に戻り、ウトウトしているとヒロキチから電話

「今から行こう」「昨日は釣れた」とのこと

ということで道具の塩抜きも終わっていたが再度車へ積み直し23時過ぎに集合

園瀬川ウェーディング勝負へ

聞くと内藤氏2キャッチ、ヒロキチ1キャッチと好調だったらしい

ウェーダーを今回もレンタル

「はよ買ってよ」といつもの催促をされる

園瀬川も浅いのでメインはミノー系

下流に向かってかなり流れが出ていたのでいかにも釣れそうな雰囲気だったがなかなか反応はない

途中からキャスティングの話になる

ヒロキチの竿はカーボンガイド搭載のラブラックスAGSで長さは9.6フィート

私は少し古めのクロスブリードなのでKガイドSICだが同じ9.6フィート

ガイドの違いは大きいがPEの太さがヒロキチは1.2号、私は1号

タックルセッティングでは私の方が飛ぶはずなのに実際は飛ばせていないことに気づく

キャストの仕方も悪いのか力んでしまうことが多く変なクセがついているので直さなければならないと思った

そしてヒロキチは釣果を優先した釣法で豆サイズをなんとかゲット

S__45563907.jpg

2時間半ほど粘ったが深夜2時頃に納竿となる

ここからは余談だが近頃私はバスやキビレなど他の釣りをやったりすることが多いがヒロキチはほぼシーバスのみ

釣果も少しづつでているようで私も何か絞って釣りをするべきか悩みどころである

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/461-4f9ddaf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)