07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

アクションと流れへのアプローチ 

シーバスを釣る上で流れは是非味方につけておきたいですね

魚の好むルアーやアクションも状況に応じて変わるみたいです

S字タイプやスラロームアクションをするルアー

最近、ほとんどのルアーで反応があるような場面で何故かスラローム、S字系のアクションのルアーでは反応が著しく悪くなるという状況に出くわしました

これは魚にある程度食い気がある状況になるとミノーのようなよりアピールが強くてわかりやすい動きに反応がいい場合があるということだと思います

スレた時には効くのかもしれませんが活性の高い魚を探して釣る方が効率がいいのでサーチベイトとしては使いどころが難しい気がします


流れのある場所の攻め方

ベイトになる小魚を観察していると流れに乗って流されっぱなしの個体はほぼいません

殆どの魚が流されないように体を震わせて流れている方向に逆らって泳いでいます

このベイトをイメージして動きをつけないとシーバスはかなりヒット率が落ちると思います

かならず流れの上流側からルアーをキャストして流れに逆らうようにリトリーブ、さらに流れが淀んでいそうな場所の近くを通すようするのがベストだと思います

橋の下ならフローティングミノーを流れに乗せて送り込み、橋脚すれすれに泳がせてみるとやる気のある魚がいればすぐ反応してくれるでしょう

特に変化のないストレッチなら護岸沿いが一番ベイトがたまりやすく、また魚の通り道にもなると思います

なので流芯を攻めるのではなく護岸沿いを丁寧に探ったり、ブレイクライン沿いを通す方が反応する魚を見つけやすいかもしれません

そして潮の動きでも考え方は同じだと思うのでポイントによって満潮と干潮でどちらの向きに流れができるのかでアプローチの仕方もまた変わってくると思います

関連記事

Category: 釣りの話

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/469-cbb3c507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)