07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

対シーバス用ベイトタックル始動 

「海でもベイトタックルを使いたい」と思って最初に試したシーバス用ベイトロッドになります

IMGP3863.jpg

7月にベイトタックルでのシーバス釣行で苦い思いをしたので専用のタックルを構築することにしました

スピニングロッドだと色んな用途に細分化されていて各メーカー選び放題なんですがベイトロッドはかなり機種が限定されます

まるで弱中強しか選べない扇風機クラスのラインナップと言えるでしょう

予算のこともあたのでアブのKR-Xのシーバスシリーズにしようと思ったこともありましたが中古で発見できるものはブランク曲がりやガイド曲がりなどの問題をかかえた物件ばかりです

やはり高くてもいいものを選んだほうが安心なのでシマノのエクスセンス B804ML/RS StreamDriverにしました

シリーズ名のエクスセンスとはシマノのシーバスゲーム用品につけられる名前で、当時のフラッグシップモデルになります

公式サイトからの引用ですが


ベイエリアで一般的な橋脚や水門周り、またウェーディングゲーム等に代表される流れがあるポイント。
そのストラクチャー周りにミノーを的確に打ち込み攻略するゲームにミートするのが「B804ML/RS StreamDriver」。
レングスは8'4”に設定。アキュラシーを確保しつつ遠投でき、アクティブなアプローチが可能。
シーバスゲームの基本となるミノーゲーム。とりわけその中でも使用頻度の高い9~12cmのミノー・シンキングペンシルを快適に使用することが可能である。流れの中で弾かれずに確実に喰わせ、オートにフッキングできる。
わずかな流れの変化も感じ取る繊細なティップを備えることでルアーのポテンシャルを大きく高める。また魚の引きに追従する芯が強いバットを備え、大型にも対応する強さを持つ。
さらにナイトゲームなど、集中力が求められる中でのキャストが続くシーバスゲームではライントラブルは命取り。キャストがしやすく、リリースのミートポイントが広く、極力トラブルが起こりにくいアクションを追求したところ、この絶妙なレギュラースローテーパーが完成した。そのため、不意のトラブルに頭を抱えることが無く集中力を持ち続けられる。さらに徹底的な軽量化にもこだわり、常にアングラーの集中力を高い状態に保つ。
リール・エクスセンスDCとの相乗効果で、そのキャスタビリティはとてつもない。様々なシーンで活躍する繊細なオールラウンドシーバスベイトロッド。それが「B804ML/RS StreamDriver」。


お値段は2万3000円くらい、全体的にキレイな中古を購入しました

長さが8フィート4インチで少し短いかなと思いましたが遠投性とキャスト精度を両立したバランス、グリップも丁度いい感じでまとまっており、さすがはシマノのロッドと思います

実際に使ってみた感じはMLのシーバスロッドなのにかなり柔らか目です

柔らかくなるとダルい竿になってしまいそうですが適度な張りがあるおかげでシャキッとしていて振り抜けもいいです

アクションはレギュラースローテーパー、見た目が細身な竿なのでパワーが無さそうだと思っていましたが必要十分だと思います

キャスト時に竿が自然と曲がってルアーのウエイトが乗せやすく、ブレも少ないのでとても気持ちよく飛ばせます

他に所持しているKR-Xと比べるとテンションが掛かった時に粘ってくれるし、長さがある分タメが効くので安心感もあります

キビレ釣りに使ってみたこともありますがパワーがありすぎて40アップでもすぐ音を上げてしまうためシーバス以外の釣りでは面白みに欠けます

2015年8月に購入しましたが11月中旬に私の不注意で竿先を折ってしまい、その真価を発揮する前に短命で終わってしまいました

関連記事

Category: タックル、小物など

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/471-957cb54a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)