03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

水質悪化?どこもベイトだらけで勝負にならず 

私の周りの河川では8月に入ってから特にボラの子供がいたるところで群れるようになりました

それも表層でうろうろしている魚がかなり多いです

気温の高さによるプランクトンの増加で川の水質が悪く酸欠状態になっているんでしょうか?

雨も降っていないのに水も変な濁りが続いています

ベイトが沢山いるとシーバスはそっちに夢中でルアーには反応してくれません

さてこういう時期はどう攻略するべきか、キビレを釣ってがまんしつつ秋のシーズンまでお茶を濁すべきなのでしょうか

下手くそルアーマンには難しい選択となります

8/10 若潮

20時頃出発でまずは沖洲川の調査へ

流れがいい感じにでていたため橋脚周りや橋の明暗へミノーを流して通していくがまるで反応なし

ちょうど食べごろサイズのボラはたくさんいるみたいだがボイル無し

いつものスナップショットに1.5号重り、リングクローミニでキビレ狙い開始

沖洲橋の下流、西岸を探っていくが釣れそうなエリアであるはずが豆アタリ2回のみで不発に終わる

22時頃に園瀬川の前回キビレが釣れることがわかったマルナカ裏へ入ってみる

足場が高いせいで水面から出ているラインが長くなるためそのあたりをうろついてるコウモリ当たりばかりでうっとおしい

下げがかなり効いていて水深が浅いのはわかっていたがボラの大群にまたシーバスがボイルしていたので我慢できずにシンペンをキャスト

飛距離がほしかったのでパンチライン95マッスルにしたが根がかり、ロスト

「思てったより沈むな、また買ったとしても大場所でしか使うのやめよ」で23時過ぎに無念のボウズ、撤退となった


8/12 中潮

翌朝釣りにいくことにしていたが21時頃にパチンコ横をメインで新町川チェックへ

干潮の時間まであと2時間もなかったため水深はかなり浅い

ボラの数も多く、キビレがこの中に混じっているのかどうかがあやしかったがスナップショットに1.5号重り、リングクローミニで開始

北からの風が時折強く吹いたりしてキャストがあまり気持ちよく決まらないが開始20分ほどで気持ちのいいアタリと共にラインが走った

DSC_0370.jpg
妙に四角い体をしているが立派な30後半のキビレをキャッチ

しかしこの一発のみで続かずあっさりと納竿とする


8/13 大潮

今日はE氏がお盆期間ということで帰省もかねての釣り

今切川河口となるサーフと突堤へシーバスと一か八かのフラットフィッシュ狙い

5時30頃に現場到着

初めて竿を出す場所だがすでにジグをキャストしている他の釣り人の姿がありポイントとしては期待できそうである

まずは河口となる方からミノーでキャスト開始

1時間ほど前が満潮の時間だったため海側への流れが速い

特にボイルもなく気配はなし

しばらくすると他の釣り人も2人ほど現れたがだれも魚を手にすることなくE氏と私はサーフの方へ移動してみる

30gのジグを沖へキャストしてみるが底にゴミがかなり堆積しているようで少しでも沈めると引っ掛けてしまい釣りにならない

巨大なゴミを引っ掛けてしまって悪戦苦闘していると沖合で急にボイルが起き始めた

突然の時合だったがゴミを陸に上げてひたすらジグを遠投して表層のタダ巻きでサーチしてみたがヒット無し

ここで我々よりも早い時間から第十堰でアプローチを開始していたヒロキチと合流

反応があったが釣り上げるには至らなかったらしい

昨日の夕方から夜にかけて少しだけ雨が降ったがその影響だろうか

E氏とヒロキチは初めての顔合わせだったため3人でちょっとした雑談を混じえた後に突堤へ戻って再開

ここにもベイトと思われる15cm級の少し大きめのボラのスクールがたまに回ってくるのが確認できたがシーバスの姿はなし

サビキをやりにきていた老人に話しかけられ、しばらく雑談した後に9時頃納竿となった

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/476-d0dd6dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)