08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

渡船、磯、ヒラスズキを狙え 

ここのところ釣行日誌では良いところ無しですが今回は職場の人に誘われて磯に登り、ヒラスズキを狙うという大勝負に出ました

さてどうなったかは近日の釣行日誌も合わせてご覧ください

9/16 中潮

19時30頃出発

まず向かったのは吉野川河口、南岸のコーナーテトラエリア

やはりランカーが釣りたいので吉野川の本流は狙いたいところである

しかし北岸のテトラエリアは狙い目だがエリアが広すぎるし良い思いをしたことがない

南岸であれば新町川方面へ路線変更しやすくあまり行ったことがないという期待感もあるので最初のポイントに選んだ

下げ始めの時間だったので水が動いているのを期待していたそれほど動いているわけでも無い

しかし北からの強風とうねりでフィールドは釣り人に厳しい状況

車からテトラへ下りての第一投目

ルアーの重みがキャストの後半でフッと消えたと思ったらまさかのスッポ抜け

まだ1回も水につけたことのないパズデザインのラブラが海の藻屑となってしまった

これには意気消沈だがまたリーダーを組み直す

最初つけていた25ポンドのリーダーは家で締め込みできているか引っ張って確認していたのにぶっ飛んでいってしまった

ライターの火が風で役に立たなかったりで多少時間はかかったが20ポンドのリーダーで仕切り直し

川には程よい濁りが入っているが荒れているせいかヒットはない

今度は新町川のフェリー乗り場横の水門へ

ボイルは3回ほどあり魚はいそうだったがルアーには反応なし

しかたがないので釣りのついでにベイトでのルアーの飛距離を試していた

有名ブランドのルアーはブレーキ設定をかなり落としても綺麗に飛んでくれる(参考までに使っているのはジリオンTWでブレーキ設定は4だった)

しかし飛距離はエスクリム119Fやソラリアでようやく50メーターほどといったところ

安全マージンを考えるとブレーキをちょっと強くする必要があるため実質40メーター付近までが射程となる

まあ9フィートを超えるようなロングロッドや飛距離優先で重いメタルバイブを使うとなると話はかわってきそうだがどこでもメタルバイブを投げるわけでもないしロングロッドはどうしてもキャスト精度が犠牲になる

これをどう捉えるかは各人で変わってくると思うががフィールドによってはデメリットにしかならないため慎重に選択するべきだろう

さて話がずれてしまったが21時を過ぎても反応がないため移動

22時過ぎより今切川の堰が開くらしいので移動

しかし時間を過ぎても水は動かない

ベイト(おそらくボラ)は多数確認できたがボイルもなし

躍起になっていつもはしないバイブレーションのリフトアンドフォールをしているとTDプロズバイブをロスト

これはバス用で高校生の時に買ったような気がする

フロントのフックを根掛かり防止で一本折っていたが効果はあまりなかったようだ

「リーダーまた付け直してもアカンだろな」で22時30頃に納竿とした


8/18 中潮

17時頃出撃

今日はかならず魚を獲るという意気込みでまず向かったのは吉野川の第十堰北岸

まず車から下りて堰のまわりを見てみるが生命感はなく魚はいなさそうな雰囲気

北岸は始めてでポイントがよくわからないためとりあえずウェーダーを履きに車へ戻る

堰から下流150メートルは禁漁区らしい(上流は50メートル)ので堰からかなり離れた場所でチャンネルらしき場所を発見してルアーを通すが反応はない

18時を過ぎて日が落ちてしまったので今度は名田橋北岸へ

ジャングルをかき分けてポイントへ立ち込む

水は割りと動いているようでボイルはないがいつもここは釣れそうに思う

セオリー通りのミノーから通していくとエスクリムに微かなアタリがあったが乗らず

ジグヘッドワーム系のルアーにしてみるとガンガン反応はあるがこれもまったく乗らない

反応があるのはやはり橋の明暗

一度竿が絞り込まれるような良型が乗ったが咥えていただけなのかエラ洗いもするまえにあっさりバラし

頼みの綱のシンペンを流れに乗せて通してみる

DSC_0438.jpg
パンチライン95でまず出たのは元気な40クラスの豆

かなり手前の明暗にさしかかる辺りで竿が入った

「でもこのサイズでは話にならんな」でリリース

DSC_0439.jpg
ワンダー80でさらに豆がヒット

このあとはアタリがなくなり橋の東側へ移動

惜しいアタリが何度かあったり豆のバラシがあったりはしたが活性が低いのかどうもルアーを追いきれていない

22時前になり「粘ってもあかんな」で帰ろうとしたが帰り道がわからずジャングルを藪漕ぎをするハメになってしまった

15分くらいかかったがようやく脱出に成功して納竿となる


9/20 小潮

前日の昼休み

職場の人(ここからは犬氏と呼ぶ)から「甲浦の渡船で磯行ってみる?」と誘いが入った

磯といえばヒラスズキ

職場の人はイカが専門でルアーはやらないため釣れる確証はないがまたとないチャンス

一も二もなく飛びついた

そして当日

集合はなんと1時30分

真夜中である

渡船の出船は5時30なので余裕はたっぷりあるが犬氏は隣の漁港で少しエギをやりたいらしく私もそれに異議はなかったためこの時間となった

私は犬氏の車に同乗させてもらいひたすら県南を目指す

途中にある小松島のいはら釣具で買い物

私はシマノのバッカンを購入
(荷物をまとめて移動させるには必要かと思って買っておいたが後から考えると大正解だった)

そして途中のコンビニで飲料食を確保したあとは車内で喋りながら港へ一直線

甲浦についたのは4時過ぎ

すぐとなりの漁港で少しだけ竿を出すつもりがすでに釣りをしていた人に声をかけられて話し込んでいるといつの間にか出船数分前になる

超特急で甲浦磯釣りセンター 光本渡船の受付へ

5時から受付開始だったらしく他の人には迷惑をかけてしまった(申し訳ない)

DSC_0441.jpg DSC_0442.jpg
DSC_0444.jpg DSC_0443.jpg
出航

各々が持ち込んだ道具はターゲットに合わせてか趣向をこらしたものになっており興味深かった

活きウニを持ち込んでいる人もいた

イシダイかイシガキダイ狙いだろうか

まず上げてもらった磯は千丈という場所

目の前には見事なサラシ

いかにもヒラスズキがいそうな場所である

犬氏はエギメインなので磯の裏側にあるシャローを狙うらしく二手に分かれることにした

私は外洋からの波ががんがんあたる表側でとりあえずサラシへミノーを投げ入れていたが何も起こらない

「さすがにいきなりヒラスズキは甘かったか」と思った矢先

サスケ剛力120のピックアップ直前

なんと足元でヒラスズキがルアーにアタックしてきた

しかしすでにルアーは水を切っておりフックアップには至らず

「おるやんか」でいろいろミノーを投げたが持って行ったルアーのレンジが浅すぎるらしく足場が高く波やうねりのキツイ磯では引ききれない

しかたなくバイブレーションにかえてみたが反応がなくZXZのミドルレンジタイプのミノーを投入すること2投目

なんと2匹の40センチ級のヒラスズキが追ってきてそのうちの一匹がストライク

フックアップしてエラ洗いをしたと思ったらギューンと下へ潜って行ってしまった

これにはなすすべもなく最後は足元の貝にPEが引っかかってしまいどうすることもできずラインブレイク

「最初のエラ洗いの時に強引に抜きあげるべきやったか」と後悔だけが残る

磯のような複雑な地形やうねりや波のある場所では油断が命取り

魚を弱らせるより強引なやりとりで根から剥がすのが必要な局面があるというのを身をもって思い知った

磯について1時間以内の出来事だったためまたチャンスが来るかもしれないと思ってルアーを投げ続けていたがそれ以降ヒラスズキが姿を現すことはなかった

DSC_0445.jpg DSC_0446.jpg DSC_0447.jpg

朝マズメもすぎ太陽がだいぶ登ってしまい、北からの風がどんどん強くなり波も高い

「このまま終わってしまうか」とおもっていたが・・・

バイブレーションでボトム付近を根掛かり覚悟でリフトアンドフォールさせていると妙なタイミングでラインが止まった

「根掛かりか?」で竿で聞いてみるといきなりドラグを出しながら走りまくる

「魚や!」でやりとり開始

恐ろしく走る魚でなかなか上がってこない

掛けたのがほぼボトム付近だったため時間がかかる

ようやく魚が弱ってきたのでタモ入れ

DSC_0449.jpg
どんなモンスターかと思ったら30センチほどのシオ(カンパチの子供)だった

体の横にルアーが掛かっていたのもあって余計に引いたが初青物である

ヒットルアーはTDソルトバイブのRR-Sだった

しかしここからはさっぱりでとうとうお昼前になってしまう

犬氏はまだ何も釣れていない

状況がよくないので船頭さんに連絡して別の磯へ移動させてもらう

DSC_0450.jpg DSC_0451.jpg
次の磯はくじらと呼ばれる場所

白灯台の近くの地磯風の場所だが小さいため最初の千丈と違い2人がようやく釣りができるくらいの広さである

ここで終了間際に犬氏へ100グラムちょっとのイカが釣れた

私はシオが釣れたのもあってボトムを攻めすぎたせいで先ほどの千丈と合わせてバイブレーション2つとジグ2つをロストしてしまう

14時40分迎えの船が来た

DSC_0452.jpg
納竿である

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/489-09b336f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)