03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

シオを捌いて食う 

写真は一切ありませんが先日釣りあげたシオを持ち帰り、捌いて食べてみました

記事にあまり登場しない魚捌き用ナイフですが前回のキビレのムニエルに続き大活躍します

シオは釣りあげたときにエラを取って眉間にナイフを刺して〆た後、潮だまりに数分間つけてから氷の入ったクーラーに入れておきました

帰ってから気が付きましたが、しっぽのあたりに切れ目を入れるのを忘れていたので血抜きが完璧ではなかったかもしれません

それはさておき、まな板に丁度乗るくらいのサイズだったので捌くのは非常に簡単でした

ウロコは取らなくても大丈夫かなと思いましたが頭を落として3枚に下ろそうとしたら貧弱なナイフではウロコに当たって刃が入りません

なのでペットボトルのフタでこすってみましたが細かく柔らかかったので簡単に取れます

これがキビレだとウロコはでかいわトゲトゲしたヒレもあるし骨も固いので大変です

シオは骨もそんなに固くないしヒレもあまり目立たないので所有しているナイフでもあっさり捌けました

ついでに胃袋の中もチェックしてみるとスミまみれになった5センチくらいのイカが一杯入っていました

ほとんど動きのないバイブレーションのフリーフォールで当たった魚なのでルアーがイカのように見えてアタックしてしまったのでしょうか?

イカは夏が産卵時期だし、まだ育っていない小さいイカを狙っているフィッシュイーターも多いことでしょう

秋口の攻め方としてこの魚からまたヒントを得ることができました

では肝心のシオの味ですが非常に美味です

刺身とカルパッチョにしてみましたが臭みもなく血抜きの失敗が響いているとは思えません

今度はカンパチサイズを釣ってみたいものですが貧弱な今のシーバスタックルでは厳しいでしょう

ヒラスズキを狙いに行くにしても磯用タックルの配備が急務であると感じます

関連記事

Category: 釣りの話

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/490-422e1924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)