10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

太刀魚のシーズン 

10月中頃を過ぎたあたりから急に太刀魚が釣れているとあちらこちらで情報が上がるようになりました

私も太刀魚釣りに挑戦です

10/16

17時前、前回のサゴシ釣行ですっかり青物の虜になっていたため郡六の同じテトラ帯へ

まるで状況はかわり人は増えたが魚は皆無

そのまま日暮れまでキャストをしてみるがエソすら釣れない

暗くなってきたところで太刀魚狙いの人がどんどん増えていく

先端まで歩いてワインドのまねごとをしてみる

もちろん専用ワームなど持っていないのでキャストするのは常吉から出ているドロップショットという左右にダートするルアー

ステディリトリーブではなんの動きもみせないルアーだがジャークするとかなり面白い動きをするようだ

真っ暗になる一歩手前でヒット

アタリの大きさの割に全然走らないので太刀魚だ

そのへんをさまよっている魚だけに遊泳力は実にヘナチョコである

他にも数回アタリのようなものがあったがフックが一つしかついていないドロップショットでは効率が悪い

完全に暗闇になってからはアタリもなくなり、19時頃納竿となった

DSC_0520.jpg
キープした魚は指3本ほど

クーラーをもっていないので〆てストリンガーに通して水につけていたらしっぽをカニにかじられてしまった


10/22 長潮

太刀魚狙いにしてもよかったがマジメにシーバスを釣ろうと思い20時30頃に出発

潮があまりよくないため新しいポイントへ調査へ行くことにした

ポイントは吉野川南岸、しらさぎ大橋よりも河口よりで前回ハゼ釣りをしたエリアでもある

西からの風が強く河口付近は波が高い

外洋からの波が届かないエリアまで駐車場から徒歩移動すること約1キロ

キャストを繰り返していると水門まわりのテトラで根掛かり

引っかかっているのは数メートル先、それもかなり浅いはずだがどうやっても取れない

仕方なく1キロ戻って根掛かり回収機を手にまた歩く

戻って回収期でトライするも回収できず

テリフ9 バレットをロスト

無駄骨とはまさにこのことである

頭にきたため帰宅とする


10/23 若潮

前日の失態もあり5時前出発

青物か太刀魚かで群六の突堤側へ入る

少し明るくなった時間についたが釣り人はかなり少なく特に青物が回っている気配もない

相変わらず西からの風がきになるが「太刀魚なら当たるだろ」でドロップショットをキャスト

しばらくして岸寄りの表層付近でヒット

指3本にはちょっと届かないサイズだが一応キープ

反応がないので18グラムのスピンテールにチェンジ

すぐに指3本クラスを一匹追加

もうちょっと明るくなってきたので18グラムから24グラムの同じスピンテールにしてレンジを下げてみることにする

すぐに反応アリ

今度はかなり良型で指4本に迫るクラスが上がってきた

しかし日が完全に登ってからはルアーを色々ローテーションしてもアタリはパタリとなくなる

DSC_0522.jpg
結局太刀魚3匹キープで納竿

ヒットルアーのスピンテールはすべてタカミヤ(ポイントオリジナルブランドのルアー)で安い割にはちゃんと使えることが証明された

海の方はまだうねりが強く、海岸の方はサーファーの人たちで賑わっていた

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/495-a19c9db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)