03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

シマノのシステマティックタックルフロートジャケット 

フローティングベストの記事がごちゃごちゃしているのでまとめ直しました

主に最初に使っていたベストのレビュー的な内容になります

2014年の12月に私が最初に手にしたゲームベストはシマノの XEFO システマティックタックルフロートジャケット VF-272I でした



IMGP3455.jpg

漁港で上下釣り用スーツに身を包み、こんなベストをつけて釣りをしている人はめったにいませんが寒いシーズンだと暖かいし収納も十分で、背中のDカンを使えばネットまで背中に装備でき、両手はフリーという実は最強装備なんです

このジャケットの特徴としてはまた紐を使ってベストを固定するのではなくベルトによるボディーホールドシステムを採用していることです

着用したままでもサイズ調整が簡単にできます

あとはフロントのシッパーが特殊な形状をしていて横からでも差し込めやすかったり、救命用の笛がついているのが特徴です

浮力材は多分割されていてフィット感も良いです


さらにスタイリッシュに

IMGP3500.jpg
2015年2月にはこのような状態へアップグレードしました

大きく変わったのは左胸に位置するライト関係と携帯入れです

バッテリーボックスはパズデザインのポシェットに大きめのタイラップで固定しています


装備は一流、腕は三流

DSCN1451.jpg

写真は2015年の6月中旬にシーバス釣りへいった時のものです

斜めからなのでちょっと見づらいですが2015年6月にはこうなっています

左胸に位置するのはアブの大きめの小物入れで携帯やライター、車の鍵などを入れています

右には従来のパズデザインの物を移設してカメラやスナップ用のケースなどを入れるようにしました

止水ファスナーのおかげで小雨程度では中が濡れないので軽い雨に撃たれながらの釣りもこなせてしまいます

ベストにヘッドライトがついていませんがデイゲームや朝マズメの時につけたままだと使わないしすぐ取り外せないので必要な時だけ首へかけるように変更しました

ペンチやPEカッター、鉗子はすべてコードで落下防止策をとりました


レビュー

さて約1年ほど使ってみましたが、シマノらしくバランスの取れたベストです

値段は少し高い気がしますが収納力も機能性も問題ないと思います

ウェーディングにも対応できますし浮力材はすべて取り外せるので洗濯なども簡単にできます

一つだけ問題点を挙げるとするとボディーホールドシステムのバックルが小さいため着脱の度に紐がベストへ固定するための穴から抜けてしまうことです

抜けてしまうと次に着用するときにバックルを穴に通さないといけないので面倒です

穴からバックルが抜けてしまわないように脱ぐときにバックルを持って背中の方で一旦止めておく必要があります


売却

あまりライトゲームをしなくなってしまったので2016年に売却してしまいました


マイナーチェンジ

2017年1月現在は新しいモデルが発売されています

でもなぜ今このタイミングで新しいモデルのことを記事に追記したかというとそれには訳があって・・・

実は現在使っているベストを買うまで次に買おうとしていたベストの第一候補だったのです

アイテム名はXEFO VF-272N XEFO タックル フロート ジャケット(ベーシック)


新しいモデルとなったことで特徴を挙げると前回同様腰回りをベルトで固定するボディーホールドシステムはそのままに、又紐もとりつけれるようになってさらに安全性に磨きがかかっています

ベストの下部は汚れや水滴に強いターポリン素材へ、背面ポケットとプライヤーポケットも少し変更があったみたいです

ここで私が注目したいのは公式ページでは触りしか書いていないボディーホールドシステムです

前のモデルの時から改善してほしいなあと思っていただけに店頭で触ってみてかなり使いやすいものに進化していて驚きました(やはり問題提起があったということでしょう)

というのも前のモデルであるVF-272Iは着脱の際にベストからベルトが抜けたり、背中でベルトをとめているボタンが取れてベルト自体がズレたりすることが多く、移動の多いオカッパリだと着用する度にかなり面倒でした

新しくなったVF-272Nではベルトがきちんとベストに固定されるような構造になり、この問題はすべて解消されています

というわけでエントリークラスのベストとして価格、性能ともに最適なのではないでしょうか

ボディーホールドシステムの変更だけでも十分満足できるものになっていると思います

私も店頭でも何度か試着して気に入っていたのですが最終的にもうちょっとグレードのいいベストがオプションつきでこのベストより安く買えてしまったので残念ながら購入には至りませんでした・・・

海でルアー釣りを始める方はまずこのベストで慣れてもらうことで安全面、機能面ともにかなりのアドバンテージを得られることでしょう

関連記事

Category: タックル、小物など

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/497-10d5bb8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)