08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

釣りに行けども空振りばかり 

前回の釣行日誌は10月30日で終わっていたと思いますがその続きです

E氏と吉野川へ夜のウェーディングゲームへ行ってみました

太刀魚はまだ釣れると思うのですが10月半ばのようなイージーさはないようです

10/30 中潮

20時過ぎに名田橋北岸へ

車を停めてジャングルルートを通り抜ける

前に来たときは行きはなんとかなったが帰りで道に迷ってしまったので石を使って出入り口付近に簡単な目印をつけておいた

いよいよウェーディング開始

タイドグラフ的には下げ始めくらいからで理想の開始時間だったが流れの速さはそれなり

ミノー、シンペン、バイブレーションなどを明暗のあたりへ送り込むが私にはなんの反応もなし

E氏にバラしがあったが活性はかなり低そうである

1時間半ほど粘ってみたが状況がよくならないため移動

四国三郎橋の北岸へ

ウェーディングはできないだろうと思って長靴で支流の西側で開始

しかしすでに下げが進んでいて底が見えるほど浅い

「なんだウェーディングできたな」でとりあえず明暗などあたりをチェックするがここも魚の反応は得られない

22時過ぎに納竿となった


・・・翌日の話

早朝にE氏は新町川の助任側と新町川の合流点のあたりやかちどき橋周辺で竿を出したそうだがイワシのようなベイトが回っていたらしい

シーバスの反応がよかったがバラしのみでキャッチするには至らなかったとのこと

今の時期は回遊性の高いベイトが動きやすい朝の方が反応がいいのだろうか?


11/3 

17時30頃に群六へ

太刀魚がまだ釣れないかと期待していたが北からの風が強くさっぱり当たらない

多くの人はサーフ向きで竿を出していたが魚を上げている人は見かけなかった

「このへんは太刀魚もうあかんのかな」でシーバス狙いに切り替え

主に足元をミノーやバイブレーションで引いてみたがダメ

ゴロタがあるシャローまわりも投げてはみたが反応はゼロ

今切川の新開閉橋へ移動

ボイルはなさそうだが若干流れがあって釣れそうではあったのでウェーディングへ

思ったより水深が深く、エイが怖い

私はゲームベストやルアーケースが浸水すると嫌なので腰のあたりくらいまでがウェーディングの限界と思っているが今日の潮位だと限界ギリギリである

キャストを繰り返すがベイトが沢山いるはずなのにシーバスの反応はない

20時頃になり移動

撫養川の一番南に掛かっている橋のあたりを攻めようと思ったがチャンネルのあたり以外は浅すぎる

風は無風でキャストはやりやすいが今日の潮回りでは流れも穏やかでまるで釣れそうな気配がない

竿を畳んで車へ戻る途中に少し下流側の川幅が狭まるとろこでぴちゃぴちゃ音がする

様子を見に行くとボラの子供?とサヨリが水面を走り回っていた

「これだけベイトおるのになんで釣れんかな」で22時前に納竿とした


11/4 小潮

太刀魚や青物がまだ期待できないかと5時に群六のテトラ帯へ行ってみた

潮は最悪で6時頃のド干潮

現場につくと数人の太刀魚釣りの人はいるが2週間前に比べると激減している

釣れている様子もなく私もルアーを投げてみるが無反応

明るくなってき始めたので先端付近へ

ジグを投げたりしていたがアタリもなければボイルもなし

穏やかな日の出を堪能したのちにシャローのサーフに近い場所へ戻ってティムコのX10(バッテン)をキャストしていると

DSC_0546.jpg
回収直前で超豆アタリがあったと思ったら足元で食いついてきたのはアナハゼ

昔にキス、ハゼ釣りで結構釣れたことがあり「久しぶりやな」で即リリース

7時30も過ぎやる気もなくなり納竿とした

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/501-a8434cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)