07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

エクスセンス殉職 

ここ最近反応がいいのは豆ばかりです

11月になって寒くなりましたが雨が降ると少しもちなおして暖かくなることが多いですね

まだ10度を切るほどではありませんが夜のウェーディングは水が冷たくて少し厳しい感じです


DSC_0564.jpg


11/10 大潮

明朝出発

まずは勝浦浜橋の下へ

上流側のテトラから橋の明暗へタイドミノーのリップレススリム、バッテンをキャストしたが反応なし

ボイルもないため「おらんのかな」で最近太刀魚で好調のガイナをキャストして一投目

明暗の近くでヒット

しかしサイズが小さいのか一瞬でバラし

「もうちょっと丁寧にやり取りするべきやったか」で下流側からもキャストしていくがダメ

新町川フェリー乗り場へ移動

ガイナからスタート

DSC_0559.jpg
ピックアップ直前にアタックしてきた豆

「こんなのも反応してくるとはあいかわらずガイナすごいな」

しかし水門のまわりや明暗を打っていくが反応なしでまた移動

夜明けが近いため吉野川河口北岸でマズメ狙いとする

この日は東からの風が強いため河口の方ではなく外洋向きのテトラの先端で開始

東風が強い時に風裏もしくは追い風になるのでキャストがやりやすい

開始して薄暗いうちは何もなかったが夜が明けるにつれて小規模なボイルがテトラのまわりで発生

「なんだろう」と思ってパンチラインを離れテトラへ投げてみると着水同時で反応あり

DSC_0560.jpg
ヒットしたのは割といい型のメッキ

DSC_0562.jpg DSC_0561.jpg DSC_0563.jpg
「メッキおるなら」で7グラムのメタルジグを表層でトゥイッチさせながら引いてくると20センチ前後の豆が面白いようにアタックしてくる

メッキは1匹だけだったが豆シーバスを5、6匹釣り上げることができた

「これがもっと大きい群れだったらな」と思いつつ完全に明るくなってしまい辺りも静かになったので納竿となる


11/12

17時集合でヒロキチとの釣行になった

今回は久しぶりに私の車一台で移動することになる

道具を積み替えて出発

ここ最近の潮周りは夕方から下げになるのでまず水がないと攻めれない場所へ

ということで田宮川の上流、阿波製紙工場の近くの橋へ

日中に様子を見に来たことがあったが流れ込みがあったり橋の上にライトがあったりで小場所だが魚がつく要素は揃っているようだ

どちらに流れているのかはっきりしなかったが結果的に位置取りはヒロキチは上流側、私は下流側へ

ヒロキチへ何回かストライクがあったが乗らず

橋の下では流れに逆らって泳ぐシーバスの姿がはっきり確認できた

しばらく攻めたが反応がなくなりなぜか流れも逆転してきた

次のポイントへ

四国三郎の北岸で橋の明暗や支流の合流点をいつも通り打つが気配なし

少し下流側の石が張りだしているところまで歩いて投げていると太刀魚がヒット

アタリは何回かあったがどれもショートバイト

釣り上げたのは1匹のみだったがとりあえずキープ

「大場所苦手や」のヒロキチで移動

予定ではこのあと名田橋北岸に入る予定だったが「時間があったら今切の堰開く時間やし」で今切川の堰をチェックすることになる

途中のコンビニで補給後、20時頃にの堰が開く時間なので待っていたが一向にオープンのアナウンスや赤色灯が光る気配がない

結局食事をとりつつ30分近く待ったが堰は開かず

「なんやねん」で先に今切新開閉橋へ

着いたはいいが下げきってないため水位が高く流心まで全然届きそうにない

「どうする?戻る?」でまた今切の堰へ

すると堰はオープンしていたが南岸の方だけで流れの出方としてはイマイチ

「前もこんなことあったけどサイレントアサシンで出たことあるしやってみよ」で開始

サイレントアサシンは持ってきてなかったのでストロングアサシンで貯水塔のあたり目がけてキャスト

ゆっくり流し目に巻いていると小さいアタリ

DSC_0586.jpg
久しぶりの50くらいのまずまずの魚

DSC_0587.jpg
その後シャローにさしかかるゾーンでヒットがあったがヘラのスレがかり

ヒロキチにもヒットがあったがやはりヘラ

22時くらいになり、潮位がだいぶ下がってきたので「そろそろ行こうか」で新開閉橋南岸へ入り直す

ウェーダーを履いて立ち込むが大潮で0時過ぎの干潮の水位が14センチと極端に低く、どんどん沖の方へ入っていける

最終的には3番目の橋脚のあたりまで立ち込むことができた

その位置から対岸の明かりに向けてキャストしていく

すると時合がきたのか23時ごろから明かりの下で次々にボイルが発生

ヒロキチに恐らく70オーバーの良型のヒットがあったが取り込みに失敗してラインブレイクでバラし

30センチほどの豆もかけたがそれもバラしで計2バラし

私にはヒットがなく立ち込んだまま橋の下をくぐって反対側の下流側の明かりの方へキャストをしてみるが残念ながらヒットにはつながらなかった

潮止まりの時間がくるとボイルもおとなしくなり、0時過ぎに納竿とした


11/15

3時出発で釣りへと思った矢先にアクシデント発生

道具を一度に持ち出そうと横着をしてしまいストリームドライバーの竿先がポキリ

「オーノー」

これでストリームドライバーは留守番決定

「まあ最近出番ないし、でもまたこういう系統のロッド欲しいな」で後ろ髪を引かれつつ出発

最初に入ったのはヒロキチが前回ランカーを掛けた今切川新開閉橋南岸

「上げの川って苦手なんよなあ」で立ち込んでみるが予想通り流れがかなり緩い

ドリフトさせようにもほとんど一直線にルアーが戻ってきてしまう

潮位もすでに高めで橋脚2本目までも立ち込めない

色々ルアーを試したがボイルもなく岸に上がって移動しようとしたところ後からきた人に「どうですか?」と声をかけられた

私「あきませんね、流れが全然ありません。場所かえます」で車へ

次は今切川の堰へ

来る途中に見たときはまだ開いていたが新開閉橋で時間を食ってしまってもう閉まった後だった

「中途半端な時間やしちょっと試そうか」でガイナをキャストしていると岸沿いで何かがルアーにコンタクトしてきたが乗らず

「ヘラのスレかなあ?」で結局何もなく移動

「この間みたいにマズメ時の時合待ちしてみよか」でまだ真っ暗の吉野川河口へ

車から下りて見回すと河口側では太刀魚狙いの人が数人いるようだ

私は今回もの外洋向きテトラの先端へ

満潮の時間が近いので潮位が高いしこの日はうねりがひどい

キャストしつつひたすら待つ

「・・・」

音はしなかったが離れテトラにガイナをミスキャストしてしまう

竿を煽ってもびくともしない

えいっと引っ張るとプツっとラインが切れてガイナ123をロスト

「太刀魚いっぱい釣れたし元はとれたよな」でラインを回収、チェックするとリーダーはまだついたまま

「テトラにやられたか」でスナップを結び直して再開

笹濁りで潮も動いているはずなのにボイルもなくアタリも皆無

2日間くらい結構な雨が降ったあとでチャンスタイムだと思っていただけに拍子抜け

「いい感じに濁りも入っとるのになあ」でやる気もなくなり7時30頃納竿、撤退となった

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/504-8aa6a308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)