04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

ニューベイトタックル セカンドステージ 

なさけないことに不注意でシーバス用のベイトロッドを折ってしまい、代わりの竿としてこのロッドに行き着きました

DSC_0635.jpg

さて、前まで使っていたエクスセンス ストリームドライバーのように”ややショートレングスでアキュラシーを重視した竿”というのが今回も頭にありました

もちろん9フィートを超えるようなロングロッドもおもしろそうなのでいずれは使ってみたいですがスピニングのような汎用性、遠投性はベイトロッドに期待できません

他にも候補としてルナミス 806ML、ラテオ 89MLB、ラブラックスAGS 87MLB、同じ天龍のスワット SW83LML-BC、ダイコーのクロスブリード 810Mなどがありました

安さで釣られて中古をタックルベリーのネット販売で買ったのでどんなものが来るか心配でしたが生産中止が2012年とは思えない美品が届きます

ブランクにほぼ傷なくツヤがあり、各ガイド、トリガー部への置き傷もほとんどなし、グリップに若干のテカリがある程度で全体的に大変綺麗でアタリと言える商品でした

DSC_0636.jpg DSC_0637.jpg DSC_0638.jpg
写真ではわかりづらいですがブランクスは濃い焦げ茶色のような色をしています

モデルナンバーは天龍 SWAT SW82ML-BC、中古品で値段は送料込みで約15000円でした

レングス: 不明 [ 8フィート2インチ ]
アクション: レギュラー
仕舞寸法: 127cm
対応ウェイト: 10g - 35g
対応ライン: 6lb - 16lb
対応ライン(PE): 不明
リアグリップ長: 300mm
ティップ径: 1.8mm
バット径: 9.4mm
ロッド重量: 159g
カーボン/グラス 比率: 77/23
価格: ¥39,800


公式サイトから説明文を引用します

ティップまで緩やかなテーパーの設計にしたベイトモデルは大型プラグ、バイブレーション、ジグのキャスティングにストレスを感じません。ライトラインを使ったゲーム性の高い釣りにも最適。



グリップは昔からある平凡なノーマルグリップ、持つところだけ少しEVAが削られていてオリジナルのテーパーがかかっています(もともとがこの形かどうかは不明)

リールシートはどこかで見たことがあるようなFujiのオールドタイプなものでどうしても古臭さは感じてしまいます

ガイドはチタンガイド搭載、それもなかなか大口径のものが使われています

現在ソルトウォーターではPEラインをメインで使っているため太いリーダーを結んでガイドに通してキャストしても抜けがいいです

8.2フィートとショートロッドなのに持った感じはやや重くてシャキッとした感じはしません

天龍のロッドは他のメーカーよりグラスが使われている割合が高い傾向があり、粘り重視ということでしょうか

対応ウエイトは10グラムから35グラムとやや重めのルアーまで使えます

MLというパワー表記以上に張りがあり、抵抗のあるルアーや重いルアーのキャストやリーリングを考慮したものとなっているようです

テーパーはおそらくレギュラーくらいで張りの強さもあって乗りの良さと操作性の両立が考えられていそうです

15グラム以上の重いルアーが得意で30グラム近いメタルになっても不安はありませんが、10グラム以下のルアーはウエイトを竿に乗せづらいのであまり向いていないと思います

ビッグベイト系の空気抵抗の大きなルアーを投げる場合はゆったりとしたモーションで竿にしっかりウエイトを乗せないとバックラッシュから高切れのコンボを誘発しそうなので注意です

キャストコントロールの方は優秀で竿がしなりすぎないのでブレも最小限、思ったところに投げれます


 総評

竿全体ががっちりしているので多少スペック表記以上のルアーを投げても不安はありません

魚がかかるといい感じに曲がるところはさすが天龍の竿といったところ

曲げてから発揮するパワーは十分すぎるほどで掛かっている魚が一回り小さく感じてしまうことすらあります

ただし使用するルアーを選ぶ竿で、ウエイトは最低15g以上は欲しいところ

相性のいいルアーはバイブレーションや抵抗の強いブレードベイト系だと思います

適度な張りのおかげでトップウォーターやワインド、ジグなどの動かしていく釣りもいけますが竿が重いせいで長時間の操作は辛いものがあります

レングスが8.2フィートというのも大場所で飛距離を必要とする場面で厳しく、ルアーを選ぶせいてオールラウンダーな竿とはいえません

なのでこの竿1本で長時間釣り歩くことはあまりおすすめしません

ピン打ち用でボートシーバスなら意外と向いているような気がします

・・・というわけで完成度も高く、面白い竿だとは思いますが使いどころはやや難しいと感じました


 あれ?

1番ガイドと2番ガイドの間にコーティング液が垂れたのか1ミリくらいのダマが発見できました

特に影響はないと思いますが一応国産を謳っているのに品質管理は少し甘いようです

関連記事

Category: タックル、小物など

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/508-91cd190c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)