03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

大潮の清掃活動 

新しい竿を手にさっそく釣り場へ向かうことにします

2週間ほどまえにベイトロッドを折ってしまったのでニューロッドはもちろんベイトロッドです。

DSC_0624.jpg

11/27

潮周りは大潮、下げ3分ほどからスタート

20時30分頃から今切の堰が開くのでいつもの北岸へ

到着すると赤いランプが回っており徐々に堰がオープン

20時50分頃にはほぼ全開、勢いよく流れがでてきた

しかしなぜかルアーには反応なし

いろいろローテーションしてアップに投げたりダウンにしてみたりで攻め切ったが口を使ってくれない

ボイルが起こっているような状況でもないため移動

吉野川大橋の下へ

ウェーディングして上流側の落ち込んでいる手前の肩から明暗へ流していくがここも同じ

流れはかなり速いし食わないはずがないと思ったが魚っ気もないし静まり返っている

橋から少し下流の方へ移動して前回発見した沈みテトラの上からトライ

ザブラ システムミノーの139Fを流れに乗せてダウンからテトラ沿いにほぼ平行にまいていると微かなアタリ

空合わせ覚悟で竿をあおると魚のような引きを一瞬だけ感じたがすっぽ抜けた

「乗らんかった??」で巻いていると少し重みを感じる

DSC_0623.jpg
ぎりぎりフックアップしていたのはまあまあサイズの太刀魚

こんなに寒いのにまだ残留してる個体がいるらしい

テトラの場所を徐々に下流へ移しつつルアーをローテーションするが反応したのはこの一匹のみ

上流へ少し戻りながらキャストしていたが魚を引き出すことはできなかった

そして24時頃になり諦めて清掃活動へ

潮位がこの日はマイナスになるほどだったのでやりやすい

あちらこちらに太刀魚の仕掛けが根がかりしているのを回収

だいたい拾い終わったので帰ろうと車のほうへ歩いているとジョイクロをつけたアングラーとすれ違った

軽い挨拶をして私は車へ

帰り支度をしているとその方はすぐ魚をかけている様子

遠くてシーバスだったかどうかはわからないが海でもジョイクロの強さを垣間見た瞬間だった


DSC_0626.jpg
今回の活動で回収したルアー

アピア パンチラインマッスル80
邪道 ヨレヨレ
モアザンの鉄板?

かなりの期間漂流していたものばかりで塗装が浮いたり貝がついたりしていた

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/510-185bea88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)