09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

二日連続デイゲームで 

ベイトロッドのテストもかねて短時間のデイゲームにいってみると二日連続でシーバスをキャッチできました

なかなかのグッドサイズだったので通常は記事にならない釣行ですが釣れてしまったので残しておきます

DSC_0640.jpg
11/30 中潮

満潮は9時過ぎ、一応下げのほうがいいだろうと9時30頃に新町川の公園横とパチンコ横の間くらいで開始

主な目的としては前日に買ったルアーのチェックと竿がかわったことでリールのブレーキセッティングも煮詰め直していく

釣果ははっきり言って期待していないためゲームベストもつけてなければフィッシュグリップ、ネットも持ってきていない

スケアクロウ130S、ハウンド140Fファング、ハウンド125Fキマイラ、アドラシオン125F、アドラシオン90Fの順番でチェック

どのルアーも値段が半額以下の投げ売り状態だった

カラーが不人気だったからだろうか(スケアクロウは豊富にカラーが揃っていたので落鮎シーズン終了で需要が落ちたせいでの在庫処分?)

スケアクロウ130Sは空気抵抗が大きく、重すぎる(32グラム)のでかなり気を使ったキャストになってしまう

動きはビッグベイト、S字系代表選手

とてもおもしろいのだが高切れが心配、ブレーキセッティングはきっちりしておきたい

ハウンドはよくできたミノー

サイズ違いの2種類ともウォブリングが強いルアーでゆっくり引いてもすごく良さそう、レンジもシーバスが好きそうな感じ

重さがあるのでベイトでもなかなか遠投が効く

アドラシオンはあまり聞いたことがないミノーだったがノースクラフト(ラパラ)ということでラパラ好きな私はブランド買い

アクションはローリング主体のハイピッチな動きでこれもまた良い、飛距離もなかなか

で小さい方の90も試していると回収に近いような高速巻きでシーバスがチェイスしてくるのが見えた

「リアクションかな?まさか食ってこんよな」で同じラインへキャストして巻く速度を少し落とし、ルアーがぎりぎり見えないくらいの深さをトレース

着水点と立ち位置の中間ほどで突然”ぐわっ”と魚がルアーをくわえて反転しようとするのが見えたので竿を立てて巻き合わせ

DSC_0635.jpg
リアフック一本で身切れ寸前だったがなんとかキャッチ

デイゲームのシャローでまさか2回も反応がでるとは思っていなかった

8月にエクスセンスを買ったときも試し投げをしていて釣ったことがあったがベイトはデイゲーム向きなんだろうか(そんなことはない×)

自転車で通りがかった老人が魚をほしそうにしていたのであげてしまった

魚体を見る感じでは居付きではなさそうだし魚はまた入ってくるだろう

ラックブイの試し投げがまだだったが釣れてしまって手と服が汚れたので10時過ぎに納竿となった


12/1 中潮

前日は半端な装備(リールをセットしたロッドとルアーケース、あとはほぼ普段着)で魚が釣れて苦戦を強いられたので今日はゲームベスト着用

ネットも背中に装着した完全装備でまたも新町川の同じエリアへ

あまり流れが効く川ではないがやはり下げが良さそうに思ったので10時過ぎの潮が動き出しそうな時間帯からスタート

今日はいつも通りボックスにルアーをセレクトしてもっていったが反応がない

丁度流れが効きだしてきたくらいで予想は合っていたが公園横の流心からシャローにかけてのブレイクにはいない様子

吉野橋の方向へ歩きながらミノーメインでキャスト

橋のまわりも東岸、西岸ともにしつこく攻めたが反応なし

流れもそれほどないし澄んでいるので水の中がよく見えるがベイトの姿もない

「デイゲームはバイブレーションっていうのは思い込みかな」で前日試せなかったアピアのラックブイ、ブルーブルーのナレージ65、エクリプスのキールバイブを試していく

一番気持ちよく飛ぶはキールバイブ

飛びが気に入ったのでパチンコ横を通り最初の場所まで戻りながらキャスト

昨日と同じルアーが見えないくらいのレンジを巻いていると突然竿先の振動がなくなって竿が曲がったと思った瞬間、15メートルくらい先の水中で魚が首を振っているのが見えた

フッキング体制にはいってファイト開始

この間おそらく1秒ほど

「これはでかい」

トルクがあって引きが重い、俊敏さはないが走った方向に竿が絞り込まれる

足元にも突っ込もうとするがリップラップがあるため巻かれたくない

クラッチは切らずにドラグとサミングでやり取り

ラインブレイクが怖かったが竿のおかげ?リールのセッティングも合っていた?無事ネットへ

DSC_0639.jpg DSC_0640.jpg DSCN1494.jpg
今まで計測したシーバスでは新記録の73センチ
(過去釣った魚の写真を見てもこの魚はコンディションがずば抜けて良かった)

今シーズンはランカーを探していろいろな時間と潮回りにポイントへ行きまくっていたがこんな近くの新町川でこのサイズが出るとは灯台もと暗しすぎる

今の時期は気温が上がる時間帯でもやる気のある個体はシャローにいるのだろうか

去年もこのくらいの時期に群緑突堤で夕マズメ、足元の比較的浅いゾーンで70ジャストを釣っている
※調べてみたら今年の1月3日のことだった。約1ヶ月違うので関連はないのかも

シーバス釣りは時に厳しく、時にイージー

そこが面白い

・・・

12時過ぎになり下げが効いて浅くなってきたのでルアーをロストしないうちに撤退とした
関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/511-1b88b626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)