09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

シーズンオフ?No!ライトゲームへの活路を開く 

タフなシーバス狙いはがんばりすぎて疲れがでてきたのでシラスメンがはびこる前に他の魚を狙いましょう

ということでお手軽ライトゲームのつもりでしたがいつか釣りたいなと思っていたある魚と遭遇します

12/20 長潮

E氏が帰省していたのもあり短い時間でデイゲームからマズメまでの勝負へ

午前中からお昼にかけて釣具屋めぐり

イエローフィッシュの15 スワット88MLMがかなり気になるが最近竿を折ったり買ったりしているため見送る

結局何も買わず昼食

55号線沿いのラーメン東大へ


徳島ラーメンについて県外の方で勘違いされてる方が意外と多い

雑誌やテレビに取り上げられることも増えたB級グルメ・・・などといったイメージがあるかもしれないが過度な期待は禁物

”グルメ”などといった表現は虹の下で詩を書いているようなもの

良い表現でもジャンクフード止まりといったところだろう

私の持論だがジャンクフードにおいしいとかおいしくないとかそういう基準を持ってくるのはナンセンスだと思う

極論だが存在するのは”まずい””普通”かである

しかし私はまずい徳島ラーメン屋を知らない(逆に美味い店も知らない)

なぜかというと今はどこへいっても”普通の”徳島ラーメンを出すお店ばかりでメインストリームから大きく外れたラーメンを出す店はほぼない(徳島ラーメンと謳っていない店は除外させてもらう)

これは香川のうどんにも同じことが言えるのではないだろうか

滑稽なのはただのジャンクフードのためにスケジュールを組み、食べ歩き、行列を作ること

これは愚かであるとしか思えない

すぐに食べれないジャンクフードなど洋梨である

ただ決して悪い食べ物ではないということ

私にも好きなお店が何軒かある

でも「おいしいお店を教えて」と言われてもまずは「そんな店はない」と答えるようにしている

好き嫌いがはっきり分かれるためわざわざ遠方から来て食べ歩くようなものではないことはくれぐれも留意していただきたい

年末、年始まさかとおもうが帰省、旅行先が徳島にきまっている方

よく考えて事を起こしてもらいたい


さて話がずれたが午後になり釣り場へ

今月の12日に訪れた勝浦側の堰の下流部西岸へ

到着は14時過ぎ

予想通り水はあまりなく濁りもない

私はこの間ロストしたサルディナが回収できないかとロストした地点を探しまわったが結局発見できなかった

E氏が12月になり拾ったブルーブルーのスネコン130Sを試し投げさせてもらったりもしながら徐々に下流へ下って行くがまるで魚っけがない

勝浦浜橋の下も様子をみたが流れはいい感じでもベイトがいないように思い竿も出さずに移動

吉野川北岸の最河口のテトラ帯東向きでマズメ時の勝負をかけた

いい潮目もあり釣れそうな気配はかなりしたのに不発、18時前に撤退となった

気になったのは河口南向きでワインドをしている人が数人いたこと

北岸の吉野川大橋の下でもやはりタチウオ狙いの人がいた

タチウオがいるところにシーバスがいない可能性があるため私が思っている吉野川でランカー狙いというのは今のところ雲をつかむような話しなのかもしれない


12/21 若潮

シラスメンのことが気になるがそろそろガシラやメバルのメインシーズンとなる

ホコリをかぶっていたKR-Xベイトフィネスロッドにタトゥーラをセットしていざ20時過ぎに釣り場へ

干潮が21時過ぎと水は無いし潮も最悪だが根魚は目の前にルアーなり餌なりがくれば食ってくるだろうという勝手な想像である

さて、今日のターゲットはガシラ

寒くなり味噌汁が久しぶりに食べたいからである

向かった先はマリンピア(新港?よくわからないが漁港内に明かりがある方)

新町川向きで4インチのホッグ系ワームをカットしてややボリュームを落としたワームに1/4ozテキサスで開始

DSC_0674.jpg
開始20分もしないうちにかなり良型がヒット、おそらく24くらい

手前のブレイクを上がって海藻の生えているエリアにさしかかったときにティップがグンっと入った

気を良くしてあたり一帯をチェックしたがそこからはまるでアタリなし

22時を過ぎて納竿の二文字が頭をよぎったが「場所が悪いだけや」で移動

徳島港へ

シラスメンが港内で1艇うろついている

テトラ帯がメインの釣り場になるためバッティングは回避(シーズンに入ると港内もテトラ帯も数艇は出没する)

キャストするがリグをすぐにロストしてしまう

2回ロストしたので穴釣りへ

点々と護岸とテトラの隙間にワームを垂らしていくがダメ

200メートルほど防波堤を進んだあたりで外洋へキャストしやすい配置のテトラを発見

ようやく2匹目を追加

ここのアベレージサイズは小さいが味噌汁にするだけなのでキープ

続けているとフォール中にストライクがあったのか次のアクションで魚の感触がしたためフッキング

と同時に竿に伝わるイキイキとしたファイト

ガシラならヒレやエラを大きくして固まってしまう=ヒット後は重いだけというのがほとんどだがこの魚はかなり元気がいい

何かと思って強引にやり取りしながら寄せて水揚げ(チヌの40クラスに最適なKR-Xベイトフィネスの敵ではない)

DSC_0675.jpg
「なんじゃこりゃ」

35センチほどの錦鯉みたいな金色の魚がルアーを咥えていた

よく観察するとアイナメのような形をしている

「偶然釣れたけどこれがもっと狙えたらオモロイのにな」と思いつつキープ

DSC_0676.jpg
そのあと潮が動くタイミングだったのか23時半頃からパタパタと釣れ出し気が付くとガシラ6、アイナメ1のなかなかいい釣果

0時過ぎに納竿

徳島港でのヒットルアーは2.5インチのクローワーム(キビレ用に買っていたもの)に3/16ozと1/4ozのテキサス

家に戻ってしらべてみるとアイナメは今の時期に雄が婚姻色で見事な黄色になるらしい

DSC_0678.jpg
良型は煮付けに

DSC_0677.jpg
マメガシラは味噌汁へ

やはりガシラの味噌汁はウマイ

関連記事

Category: 釣行日誌 (2015年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/520-afd20e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)