03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

その釣り、基本に忠実に 

シーバス釣りってとにかくパターンにこだわる人が多い気がします

私はその原因をルアーメーカー並びに釣り業界が作り出していると思っています

というのも季節に合わせて色々なパータン用のルアーが発売されます

今の2月から4月くらいまでの代表的なのが「バチパターン」ですね

そういうアイテムを上手く使える上級者ならいいんですがただただ踊らされている釣り人がほとんどではないでしょうか

今回はシーバス釣りを初めて約2年が経った私の考え方をまとめてみます

ルアー≠餌

ルアー釣りは「魚を狙って獲る」という攻めの要素が非常に強いと思います

釣れなければどんどん移動してキャストを繰り返し、水中の流れやストラクチャーなど変化を察知し、それに合わせたルアーやテクニックで魚をおびき出して口を使わせるエキサイティングな遊びです

要は魚が好みそうな場所やストラクチャーまわり、ベイトになるような生き物が豊富なところを読む力というのがとても重要です

そういう場所を見つけて丁寧に釣ることができれば釣果は断然伸びると思います

しかし少しルアー釣りをかじるとルアーが餌に近ければ近いほど釣れるまたは釣れそうだという錯覚がなぜか生じてくるようになります

多くの人の頭にそういった概念があるのと雑誌やメディアで「~パターン炸裂」「XXXでランカー捕獲」など丁度釣れているオイシイところだけを見て「XXX(ルアー名)ってすごい釣れるんだ」ということになりそのルアーを購入して思ったような釣果がでずに首を傾げるハメになるわけです


3大要素

ルアー釣りには3つの大事な要素があります

まず1番目はゾーンを合わせること

これが一番重要でルアーをいくら投げても魚がいない所では釣れるわけがありません

さらにレンジ(深さ)も合っていないと反応しない場合があります

ストラクチャーなのかブレイクなのかとにかく場所を見極めて魚の位置を探ることが最優先です


2番目はスピードです

その日のコンディションでやる気のある魚を狙うのかスローな魚を狙うのかを意識しないといけません

例えばデイゲームでバイブレーションやミノーのトゥイッチなどが多用される理由は魚に考える暇を与えない、もしくは他の魚に”餌を取られてしまう”という競争心を煽るような効果があります

反対にナイトゲームなどでゆっくりルアーを引くことで”餌のような何かがいる”ことを魚に気づいてもらってストライクに持ち込むといったことです


3番目にアクションです

ステディリトリーブ(タダ巻き)だけでは食わせの間を作るのは困難です

時にはアクションの変化をつけることがより多くのストライクに繋がります


以上、とりあえずルアー釣りで重要視するべきところはこの3つです

ベイトやその種類に至ってはこの要素がきちんと頭にあることの先にあるものなのであんまり考える必要はありません

さらにプラグの色だとか形がどうとかになってくるともうわけの分からないことになります

とにかくしっかりゾーンを見極めるために釣り場に通ってデータを蓄積することが大切だと思います

そうすればベイトが回ってくるタイミングややる気のある魚がいるポイントも見えてくるはずで、さらに上級者になれば時合なんかも分かるようになるかもしれません


考えない人

一番ダメなのが自分で考えて釣りをしないことです

ルアー釣りを趣味でしている意味がほとんどありません

人から聞いた話しですがある釣具屋で「バチパターン用のルアーを売ってくれ」と店員さんに聞いている人がいたそうです

この質問はとても危ないです

どこでどうやって釣りしてるのかも分からない人にルアーを売るわけです

その人の釣りのレベルも使ってるタックルもわかりません

店の棚には星の数ほどのルアーが並んでいます

ルアーの性質も人によって考え方が色々あるはずです

確かによく話を聞いて慎重に選べばいいかもしれませんが店員さんもシーバス釣りのエキスパートというわけではありません

たとえエキスパートだったとしてもそんな客につきっきりでレクチャーするほど店側も暇ではありません

さっさとルアーを売ってしまいたいのが商売です

くれぐれも釣具屋の店員さんを困らせないようにお願いします


補足

三番目のアクションに関してシーバス用のルアーには潮流や川の流れの変化を味方につけることで勝手に不規則な動きをしてくれるものが結構あります

何もしなくてもいつの間にか食わせのタイミングができるのでそれが効いてくることも多いと思います


※ちなみにこの3大要素はバス業界のレジェンドであるヒロ内藤さんからの受け売りです。理にかなってることだらけでシーバス釣りに応用してもまったく問題ないと私は思います

関連記事

Category: 釣りの話

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/545-d1049383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)