10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

苦手な上げ潮のタイミング 

今回のシーバス釣行は雨の後の増水、濁りを期待して今切川に絞った釣行となりました

DSC_0759.jpg

3/14 小潮
Screenmemo_2016-03-16-18-50-55.png

夕方から釣りへ出かける予定だったが苦手な上げ潮のタイミング

外洋に近い方が川に入ろうとしているシーバスを狙えるかもしれないということで17時30頃に久々の今切川河口サーフ突堤へ向かう

しかし道中の吉野川大橋の風速計では5メートルの表示

現場に着くともう少し強めの北風

向かい風で釣りしやすいとは思えないコンディション

気温は10度くらいだが風は冷たい

ウェーダーを履いて長い砂浜を歩き、今切川側のシャローからエントリー

昨日から今日の午前中までずっと降っていた雨で濁りが入っていればチャンスはあると思っていたが水の色を見て拍子抜け

薄濁りではあるが雨があれだけ降ったにしては影響が少ない

ローリングベイトからキャストを開始したが飛距離がまったく稼げない

「この状況で飛ばそうと思ったらやっぱりこれ」でアピアのビットブイ26gへ

広範囲に探りながらじりじりとに東へ

しばらくキャストしていてネットを持ってくるのを忘れたことに気づく

ウェーディングネットを買ったばかりなのにうっかりしていた

取りに戻るにも砂浜を500メートルほど歩くのは意外と辛い

「掛けたらなんとかするか」でとりあえず釣り歩く

しばらくして回収間際で何かがヒット

魚らしいものが跳ねたと思ったら急激な突っ込みで竿が絞りこまれた

しばらく耐えていたがフックアウト

「多分ボラスレかな」

最初は砂地だった足場もどんどんリップラップが複雑になり安定しない

強風と波が足へ当たるためバランスが取れず少しよろけてしまって転倒まではしなかったが尻餅をついてしまう

ベストが少し濡れたが幸い浸水はなかった

リップラップと砂地の切れ目のあたりを進んでいたがだんだん深くなってきたので沈みテトラに登ってキャストしていく

流れにややダウン気味にキャストした時のこと

ビットブイが戻ってくるであろう方向を見ていると残り5メートルで回収というタイミングで下から何かが突然飛び出してきた

まさかのストライクだったが一気に巻き合わせ

リップラップに巻かれないよう強引にやり取り

ネットがないのでかなり苦戦したが足元のテトラへの突っ込みもなんとか耐えてキャッチ

DSCN1519.jpg
サイズは60後半から70クラスのナイスサイズ

一目で分かる茶色い居付きシーバスだった

少々無理をしたせいかビットブイは針が曲がってしまい使えなくなってしまう

リリース後、ルアーをミノーにかえつつ暗くなるまでキャストしてみたがいいところなし

シラスメンが2艇ほど現れたので車に戻り移動

少し上流に位置する近藤排水樋門へ

マリーナのような場所で陸戦型のシラスメンが6、7人

今切川との合流付近には遊動式も2艇

「シラスメンがおるということは生き物は間違いなく入ってるはずやし場所はいいはず」

港内はキャストする場所がないので合流点で投げていたがヒットには繋がらず21時過ぎ納竿となった




年間シーバスバトルスコア
ヒロキチ 2
私 8 (+1)
関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/550-311f28f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)