09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

大きな成果と少ない釣果 

イマイチな結果が続きますが3月のシーバス釣行まあまあがんばっています

じっくり一箇所で粘って魚を引き出す、、、というよりいろんな場所をランガンして自分の足でルアーに反応する魚を探している感じがワクワクして楽しいです


DSC_0760.jpg

3/18 長潮
Screenmemo_2016-03-18-20-07-16.png

最悪の潮回りだが明朝出発

前回訪れた近藤排水樋門で水が出ていれば釣れるかもしれないと一応は期待しつつ現場に着いたのは5時過ぎ

まだ薄暗く、ウェーダーを履いてヘッドライトを装着

樋門をのぞくと期待に反して水はまったく出ていない

「雨降ったあとだけなんかな、でもせっかく来たし」で竿を持ち合流点の方へ

ウェーディングポイントは今切川西岸、マリーナ出口南側合流点の岸沿いのリップラップ

風もほとんどなく、流れまったくなし

「これで釣れたら奇跡や」

キャスト開始

表層からロンジン フランキー120F、中層でブルーブルー ブローウィン80S、ボトムを意識したロンジン キックビート 15gで広く様子を見る

気がついたのは手前のリップラップはおそらく人為的に積まれたものであること

足場のリップラップが切れているところからは広範囲に落ち込んでおり沖の方は深さはあるがほとんど何も沈んでいなかった

南の方へ歩いていくとリップラップが突然終わっている所がありウェーディングができるのはそこまでだった

DSCN1520.jpg DSCN1521.jpg
ベタ凪でのどかな風景を堪能

日も登り、さらに上流側へ移動しながらシーバスが狙えそうな場所を探してみたが特に良さそうなところは発見できず7時30頃帰宅となった


3/19 若潮
Screenmemo_2016-03-20-19-05-26.png

またしても最悪の潮回りだがE氏が所用で帰省していることもあり新町川開拓へ出ることにした

前日の夜間に長時間雨が降り、濁りも期待していたがこの日もまるで影響なし

予報では北からの強風でオープンエリアでの釣りは難しいと判断

新町川の佐古大橋東岸から助任川南岸にかけての広範囲のウェーディングが成立するかという課題に挑むことになった

結論からすると三ツ合橋はもちろん城山の近くまでがウェーディング可能という大きなアドバンテージを手にする

しかしまさかのノーバイト、ノーボイル

魚が入るタイミングを見極めないと新町川の攻略はとてもむずかしいように感じた

18時前から21時過ぎまで調査に充てたが冴えない結果

このままでは引き下がれない為、続行を決意

東大でラーメンを食べ、園瀬川の末広大橋近くの橋で潮止まりまでの勝負へ

南岸はすでに潮位がかなり下がっており攻めにくいため北岸でエントリー

対岸には橋の下と上流側の少し離れた場所に陸戦型のシラスメンが2人

流れはまだ強く、いつ魚がでてもおかしくない状況

潮止まり間近で私のコモモ110SFにヒット

しかしエラ洗いをしない

疑問に思いながら強引に寄せてみるとメーター近いエイ

フックは曲げられたがなんとか浅場へ上げることができたのでルアーは生還できたが改めてSWAT 88MLMの粘りとパワーに驚かされれた

エイヒット後はすぐ潮止まりの時間となり嘘のように流れが止まった

22時過ぎ残念ながら釣果なしの撤退となった

関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/553-cf8232e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)