06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

逆流河川でシーバス狙い 

九州で大きな地震がありました

釣行日に家に帰って道具を片付けてテレビを見てびっくりです

というのも金曜から連休で九州へのバイクツーリングを画策していましたが天候が悪く、四国内に変更になったばかりというタイミングだったのです

東日本大震災の時も私は東京に行くことになっていてかなり出発を見合わせた経緯があります

さて、今回の釣行日誌ですが絵に描いたようなシチュエーションでボイルが出るようなハイな状況にまたも出くわすことができました

DSC_0787.jpg

4/14 小潮
Screenmemo_2016-04-15-16-17-28.png

ど干潮が18時頃とかなりやりづらい潮周り

20時頃出発だったがポイントのエリア選択は相当迷った

完全上げとなるので「海の魚が少しでも入りやすい河口寄りがベターかな」で選んだのは吉野川北岸、吉野川大橋の下

早速直ったウェーダーで腰のあたりまでウェーディング

なんとか落ち込みの手前のテトラあたりまで入れる潮位だった

東から風速5メートル以上の強風が吹くなかキャスト開始

橋と橋の間の明暗や橋脚まわりにミノー中心でレンジの浅いルアーを入れていく

相当上げ潮がキツイのか川の水が逆流しているのに気づく

30分くらい何も起きない時間が過ぎ、バイブレーションを入れてから移動しようと思っていると明暗周辺でボイルがスタート

「シーバス入ってきたんかな」でバイブレーションはやめて表層系のルアーへ戻す

サルディナやガイナ、フランキーには出ず

次はシンペンへ

パンチライン95、ワンダー95、スイッチヒッター80を投げたあとにカッター115で遠投

ここで後からきたシーバサーに声をかけられた

「釣れますか」に「ボイルはあるのでいますよ」と答えてキャスト続行

その方は下流側の明暗を狙われていたがウェーダーを履いておられなかったのでかなりやりづらそうな感じがした(下流側は沈みテトラなどがあって潮位によっては立ち込んでもルアーが引っかかりやすい)

私は相変わらず橋と橋の間狙い

ある時にルアー着水後ゆっくりと流しているとかすかなアタリのような反応

しかし乗らない

流れはかなりの勢いで逆流しているので今度はリップレスミノーへ

ペニーサック99初代はダメ

コモモ90を左の橋脚より少し向こう側へキャスト

サミングはしているが強風でラインが出てしまうため着水後ラインスラックを取って巻き始めるといきなりグンっと竿に重みが乗って走りだしたのでファイト開始

手前に急激なブレイクがあるので巻かれないように強引にやり取りしているとフッとラインテンションがなくなりフックアウト

これがヒントになりそこから2アタリ、40クラスを1キャッチ

普通に巻きながら流すのではなくリールはほぼ巻かずにラインだけでルアーを動かさないとストライクがないというシビアな状況だった

ヒットエリアはすべて手前の橋脚の向こう側

かなり飛距離が稼げないと届かないのでウェーディングは必至である

同じリップレスミノーのソラリア100Fにしたり少し上流側の橋脚明暗にアイボーン98Fを通したりしたが反応はなく23時過ぎに納竿

タカミヤのFALKEN R ハーフソリッドバイブ 78が橋脚にヒットして背びれの部分がクラッシュしてしまったが安いバイブレーションなのでまた補充したい



年間シーバスバトルスコア
ヒロキチ 3 
私 13 (+1)
関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/568-826ee045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。