07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

ついてないナレージ 

今回はヒロキチの二番煎じになりそうなシーバス狙いとなります

さて、自分的に相性の悪いルアーにコアマンがありますがそろそろブルーブルーのルアーがランクインしそうです

使いどころが悪いと言ってしまうと元も子もありませんが期待して持ちだして速攻でロストというのはモチベーションをえらく下げます

スネコン、シャルダスも結構投げてるのにかすりもせず、本当に効くんだろうかと疑心暗鬼になりそうです

DSC_0828.jpg

6/5 大潮
Screenmemo_2016-06-07-02-31-15.png

19時頃出発

新町川の河口に面する津田の漁港へ

いかにもな常夜灯まわりや護岸沿いへルアーを通すが無反応

潮が動き出したのか園瀬川の方からいい流れがでてきた

近くの園瀬川のポイントへ移動

先行者の姿あり

しばらく様子を見る

ウェーダー装備ではなく攻める場所が重ならなそうなことを確認してからエントリー

潮位は140を切ったあたりで水深はまだあるが園瀬川は瀬があったりして起伏が激しい

まずは遠投の効いて表層一枚下をゆっくり攻めれるロケットベイトからスタート

その1投目

橋脚2本目と3本めの間のチャンネルあたりへ着水、流しながら最初の駆け上がりの上あたりを通すといきなりヒット

しかし手前で「身切れするかも」といつもより弱気にドラグを設定しているとテンションが緩んでしまったのかフックアウト

2投目は少し下流めがけてキャスト

同じように駆け上がりの上を通すと連続ストライク

DSC_0829.jpg
今度はいつも通りやや強引にやり取りしてネットインした50後半の魚

そのあとワンダー95へルアーチェンジするとすぐに反応があったがこれもバラし

雨の後で水がやや笹濁りとなり流れも速いためルアーを追いきてれないのかバイトが浅い

エスクリム119Fやパンチライン80、スネコン130S、流れがあるのでコモモ110SFを投げたりしたが反応がない

ロケットベイトに戻すと反応があったがまたもバラし

レンジを下げていくことにする

バイブレーションのエクスセンス サルベージ70Sへ

橋脚2本目と3本目の間の少し水深のあるところへ投げて着底

沈めてから巻き始めるとゴツゴツとボトムにかなり当たる

ひっかかると厄介なので着水から少し沈めてリトリーブスピードを速めにしていると何度かボトムにコンタクトしてイレギュラーにルアーが跳ねたところにドンとストライク

DSC_0830.jpg
50後半のナイスシーバス

ここで道路側から老人に声をかけられ、魚を譲ってほしいとのことなのでさしあげた

再開

少し橋脚寄りへ同じように通すとまたヒット

寄せてみるとフック一本で今にも身切れしそうなほど掛かりが悪い

丁寧にやり取りしてネットイン

DSC_0832.jpg
これも同じくらいのサイズ

傷んだラインを結び変えようとしたときに気がついたがサルベージの顔がバリバリになってしまった

駆け上がりにルアーがコンタクトしすぎるのだろう

「浅いレンジ通せるバイブレーションなかったっけな」でナレージ65をキャスト

しかしあっという間に根掛かり

ボトムはカキ殻が殆どなので外れるだろうと竿を煽っていると

プツッ・・・

またラインにキズが入っていたらしい

「せっかく中古で状態が良いの捕獲してたのになあ」

これでナレージのロストは通算2個目

リーダーは戻ってきたが痛みが早いためかなり短くなってしまった

対岸には他のシーバサーの姿あり

リーダーを付け直して粘るほど時間的余裕もないため23時前に納竿とすることにした


6/8 中潮
Screenmemo_2016-06-08-20-59-50.png

前日の下げのタイミングで釣りに行く予定がすっかり夢の中

気が付くと2時過ぎ

すでに下げ止まりで釣りにでるなら完全上げ勝負

「今から行くのもなあ」でダラダラしていたが「やっぱり出よう」で4時前出発

「この頃明るくなるの早いからさっさと魚がおるのが分かっとる園瀬川でやってみよう」

という魂胆だったが現場につくともうすでに明け方

明暗は完全に消え流れもほぼ無し

「絶望的じゃんか」

で、一応立ち込んでみたがルアーを通せど魚の反応はなし

「せめてトップ持ってきて引いてみたらよかった」

移動

まったくどこに行って良いのか分からない

「大神子の海岸?でもロッド短いのしか持ってきてないし」

「吉野川河口?できればストラクチャーについてる魚狙いたいのにあんなとこで回遊待ちしてたらまた大爆死しそう」

などいろいろ考えが巡ってひらめいたのは沖洲のマリンピア

「オーシャン東九フェリーの場所がかわってから一回も行ってなかったっけ」

場所も近いのですぐに到着

突堤への道が新しくできていた

「久々にベイト使おう」でロッドをスワット82MLのベイトロッドへ

風も無くデイゲームとなったのでベイトでも問題無さそうという考えだったがしばらくキャストを繰り返しているとマグフォースがまったく効かなくなってしまった

「変な音もするし何これ」でメカニカルをガチガチにしめてバイブレーション中心にキャスト

ボトムをとって手前のブレイクあたりで食わせるイメージで攻める

2回ほどボイルがあり、ミノーも投げるがダメ

「リールおかしいし今日はやめ」

で撤退することにして戻っていると港内の岸壁沿いでチヌや回遊するアジ、イワシも入っていてかなりの生命感

でもシーバスがついている様子はまったく無し

7時過ぎに納竿となった



年間シーバスバトルスコア
ヒロキチ 8
私 23 (+3)

関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/587-40634e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)