03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

ラッキークラフト大活躍? キビレのデイゲーム作戦 

DSC_0863.jpg

徳島の新町川の夏は昼間のド干潮の時間がしばらく続くと写真のように岸際が完全に干上がった状態になり、リップラップの上から陸っぱりが可能になります

具体的には潮位60センチ以下の状態が数時間もあれば石が乾いて滑らなくなるでしょう

下に降りてシャローにトップウォーターのルアーを通すと真っ昼間でも面白いようにキビレがルアーへじゃれついてきます

そこでキビレ狙いのルアー選びについてですが特にチヌキビレ用のものでなくてOKです

中古屋でバス用の5センチから10センチ程度のポッパーやペンシルベイトを買ってみましょう

オススメなのは初心者でも動かしやすく作られているラッキークラフトのルアーです

カラーはなるべく派手目な色がいいと思われます

風や流れでルアーを見失わずにすみますからね

ルアーを購入したら釣行前にフックを海用のものに必ず交換しましょう

ここで注意してほしいのがフックの自重が増えることによってルアーのバランスが狂う場合があることです

ルアーが沈んでしまったりアクションが破綻するようなら別のルアーを試すつもりで何個か買っておくといいと思います

なぜフックを交換するかと言うと防錆性を持たせるというのはもちろんですがキビレは40cm以上になるとシーバスの60~70cmクラスの突っ込みを見せることがあります

強烈な引きに耐えられるフックはもちろんタックルバランスやドラグセッティングも重要です

使用するフックはルアーサイズに合わせてカルティバのST-46シリーズの#4や#6、防錆性や乗りを重視するならがまかつのMHの#4、#6あたりがいいと思います

ラインはPEを使う場合、リーダーをナイロンにしておきましょう

フロロだとラインが沈みすぎて思ったように動いてくれません

シャローでの釣りになる場合が多いので遠投性はあまり必要ではありません

ルアーの位置と動きが確認できないとアワセも難しいので飛距離は20~30メートルもあれば十分です

※ リップラップで釣りをする場合、岩についたカキ殻が靴に刺さって穴が空いたりしてしまうので頑丈なものを履いていくのがオススメです

関連記事

Category: 釣りの話

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/595-75aae621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)