04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

淡路遠征とオフショアゲーム 

DSCN1844.jpg

10月になりました

9月は中旬から後半にかけて天気のよくない日が続いたように思います

雨が降ることでシーバス釣りが上向きになることも期待しましたがそう簡単な話しでもないようです

9/23 小潮

Screenmemo_2016-10-01-23-20-51.png

本日は大学時代所属していた釣り部のメンバーで集まり、久々の淡路遠征へ

集合は5時に淡路SAでとなっていた

4時頃に徳島を出発してSAに到着すると駐車場でそれらしい二人を発見

D氏とワープ氏である

3台で淡路の野池巡りは辛いのでD氏のクルマへ荷物をまとめて積み込み1台にして出発

運転はD氏、助手席のナビゲーターはワープ氏、私は後部座席

自分で車を運転しない時は私はだいたい後部座席である(車酔いしやすい体質で助手席で地図が見れない)

淡路SAから高速を出て最初の池へ

トップを楽しもうと思っていたが増水傾向

「表層系は厳しいか」でレンジを落とすつもりでジップベイツのビースイッチャー1.0へ

岸沿いのブッシュから1メートルほど離れた場所をトレースしていると早速魚の手応え

しかし何か様子がおかしい

DSCN1821.jpg DSCN1824.jpg
一発目からモンスターサイズの雷魚

足場が高く、自分の車で来ていないのでネットを置いてきたことを後悔

ランディングにかなり苦戦した

このあと野池を色々まわるがなかなか40を超えるようなグッドサイズは3人とも釣れずマメ数匹で午前の部終了

ワープ氏は前日からほとんど睡眠をとっていなかったので車で寝たいらしい

「なら漁港に車とめてそこで海釣りする?」

ということになり小さな釣具屋さんへ

D氏はエサを購入

釣りのできそうな漁港も教えてもらい、向かったのは近くにサーフが隣接した漁港

突堤から東向きの外洋にキャストできる場所で潮通しは良さそうな感じ

「ワームでガシラでも狙おうかな」で先程までバス釣りで使っていた11 スコーピオンにクロナークCI4に16ポンドというセット

しかし突堤を歩いているとイワシの大群が何かに追われている

「まさか・・・」

その数十分後になんとナブラが発生

鳥も集まってきてお祭り騒ぎ

しかし海用タックルなどまるで持ってきていない

でもやるしか無い

先に魚を掛けたのはD氏

しかしテトラにまかれてラインブレイク

しばらくしてまた魚が回ってきたタイミングでD氏へヒット

DSCN1833.jpg DSCN1836.jpg
「やりぃ~」

正体は50センチちかいハマチだった

ワールドシャウラ1653Rに15 カルカッタコンクエスト、12ポンドラインという無謀なタックルだが一匹目の魚でドラグをかなり弱くしていたらしくテトラにも巻かれなかったせいで穫れたラッキーフィッシュである

私の方はというと・・・

海用のルアーもすべてないのでバス用のワンノッカースプークでようやくヒットまで持ち込んだが潮に乗って走られテトラにラインをまかれてラインブレイク

あまり売っていない貴重なワンノッカースプークをロストしてしまった

「せめてPE巻いてあるスワットセットくらい持ってくるべきだったか・・・」

貴重なチャンスをものにできず残念な釣行となってしまった

次回からは少しでも海で竿を出す可能性がある場合は必ず十分な装備を持っていくようにしたい


9/25 長潮

Screenmemo_2016-10-01-23-21-22.png

4時起床、前日の飲み会で少し二日酔いだが準備をして5時30過ぎに出発

まずは吉野川河口のチェックへ

先行者の方が東側のテトラ先端ですでに竿を出されていたので南向きで開始

丁度下げが効いているのでいつも以上に流れは速い

トップから投げつつ周囲を眺めていたがベイトもボイルもない

「早々に見切ろう」

群緑サーフ側テトラ帯へ

ジグマンは多数いるらしく車が結構とまっている

まずは様子見

すると10分ほどでベイトが回ってきたらしくボイルも単発だが始まった

急いで準備をしてサーフ寄りの場所からボイルがある場所を狙い撃ち

時たまサゴシのような魚が飛んでいる

ナブラへ発展するかと思いきやボイルは広範囲でタイミングもバラバラ

ベイトとフィッシュイーターの群れは小さいのだろうか

遠くの方でもボイルがあるのでジグも投げてみる

表層までアクションさせてきた30gのガン吉に一度だけシーバスらしきストライク

しかしリアフックなしのアシストフックしかつけていなかったので乗せられず

7時20分には撤退予定だったが念入りにチェックしてしまい20分近く押して帰路に着く

家についたら片付けをして少し朝食をとったあと矢継ぎ早に出発

9時頃からはボートを所有している方のお誘いで本日はオフショアゲームの約束となっていた

狙いはシーバス、青物のナブラ探し、ナブラ打ち

予定の時間通り出船

まずは吉野川河口へ

巨大ボラばかり

調子がいい時は360度ボイル祭りとなることもあるそうだが今日は様子が違う

よく潮目ができる河口のテトラ周辺をリクエストしてみたがゴミが多い

ストラクチャー打ちへ

しらさぎ大橋の橋脚を打っていくがまったくシーバスの姿はない

「やっぱり水潮が効いとるんかな」で大移動を決行

サーフ突堤まわりを見つつ群緑へ

ナブラはなく、鳥も少ない

先端付近のいつもできている沖の潮目で濁りが入っている場所を発見

そこを流してみるとガニッシュ115に1バイトあったが乗らず

岸際には何らかのベイトがいるようで鳥が何度も水中へダイブしていたがエリアが固まっているわけではなさそうである

沖合もためしたが反応がないので吉野川へ戻る

吉野川大橋、吉野橋の橋脚をほぼすべて打つが魚はまったくいない

ラストのラスト、吉野川橋の北岸から2本目の橋脚でようやくマメシーバスのチェイスが見られて喜んでいるとその裏側でキビレのチェイスからボートのすぐそばでストライク

1302.jpg
ヒットルアーはラパラのCD9アバシ

13時過ぎに帰港

本日お誘いをして頂いた方は私に釣ってもらおうとほとんど操船に徹してくださり釣果はなし

大変お世話になったのでこの場を借りてお礼を申し上げたい


9/27 中潮

Screenmemo_2016-10-01-23-21-51.png

本日は久々のヒロキチとの釣行

集合場所を決めていたがお互いの勘違いが原因で時間通りに集合できないという珍事が発生

私はセブン(イレブン)で集合という提案をしたつもりだったのだが

実は徳島にはセブンというローカルスーパーが存在する

なんとヒロキチは集合場所近くに偶然あったスーパーの方のセブンと思っていたようで時間を過ぎても合流できずにすれ違いが生じてしまった

少し遅れることとなったが名田橋北岸へ

なんと駐車場にはすでに先行者らしき車が2台

「平日やのにもう入られてるか」

第十堰へ

前回老人にとっ捕まってからは一度も足を踏み入れてなかったが駐車場そばの小屋は消えていた

下流部へ進む

十分堰から離れ、複雑な地形で瀬も絡む場所で開始

あまりレンジを落とすと石や木にルアーが引っかかるので流れのある場所で威力を発揮するシャローミノー サルディナ137Fからスタート

かなり表層を泳ぐルアーだがそれでも瀬にさしかかるとボトムコンタクトするらしく危険と判断

ボイルがでている状況ではないが広範囲に表層をチェックできるトップ ラドスケールへスイッチ

しばらくキャストを続けていたが西の方で雷が光る

「竿のカーボンは電気集めやすいし遊んでてケガしてもみっともないな、撤退しよか」で滞在30分ほどで撤退

帰りの道中暗がりに動く人の姿がみえると思ったら同業者だった

しかしキャストしている場所はちょっと堰に近すぎるのではないだろうか

後から来た釣り人は2人のようだ

駐車場に戻ると先程の名田橋北岸で見かけた車ではない

「今日はすごい人多いな、雨降ったのせいかな」

移動

名田橋北岸はまだ人が入っている恐れがあるのでスルーして南岸の方へ

ここもすでに釣り人の姿有り

我々が到着したと同時に撤退した車が1台、橋の下流部でキャストをしていた方が1人

竿を持たずに川の様子をのぞいているとその方も撤退された

「叩かれたあとやけどちょっとやってみよか」でキャスト開始

トップからバイブレーションまで一通り橋の上流部から明暗にかけてを流してみたがかすりもせず

流れも効いており、水も濁りすぎず丁度いい感じに思えたがシーバスがいるような気配はゼロ

しばらくするとまたも雷が光った

「アカンね」「メシ行くか」

でグラッツェガーデンズで遅めの夕食をとり22時過ぎに撤退となった


9/29 大潮

Screenmemo_2016-10-01-23-22-35.png

朝、5時30頃出発

もっと早い時間に鳴門へ行ってみるつもりだったが寝坊をしてしまったので群緑でお茶を濁すことに

現場到着、SSDとツインパワー4000XGセットを持って南側のサーフテトラ帯から先端の潮目がある場所へ

すでに先行者の姿有り

潮はよく動いているが鳥山やナブラは起きていない

まずはデプス発の怪魚用トップ(?)、ラドスプリンガーからキャスト

このルアーは特大サイズなわりに投げ売りの常連となっていることが多いが私は意外と悪くないと思って海で使っている

しかし甘くない

他にも色々トップウォーターをローテーションしたりミノー、ジグ、メタルバイブなども投げるがブローウィン140Sにかすかなアタリ?

ときたまサゴシのような魚が飛んだりボイルがあったりはするがどれも単発

ボーマーのペンシルにもチェイスはあったがダツばかり

「まだ魚少ないんかな」

諦めて移動

吉野川河口の様子を見に行く

日が昇り遠くの方で漁船の姿は多数あるがベイトもいないしボイルもまったくない

9時頃撤退することとした

関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/612-b8851ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)