03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

ビッグファイトの予感、高知遠征へ 

今回の釣行日誌は高知へ行ってきた様子をお届けします

メンバーはいつものヒロキチ、県外からの参加でE氏、D氏の計4人

徳島とはまた違った景色を求めて遠征の旅となりました

S__103702535.jpg

DSCN1861.jpg

11/13 大潮

Screenmemo_2016-11-15-22-25-24.png

24時前に職場の飲み会へ参加していたヒロキチを車で迎えに行き荷物を車にのせて深夜2時頃出発

当初はそのまま高速で集合地点へ向かうはずだったが忘れ物を取りに一旦ヒロキチ邸へ寄り、藍住ICから高速へ

立川PAでトイレ休憩したのちに最初の目的地である南国SAに到着したのは予定通りの4時

すでにD氏やE氏が到着しており誰もいない休憩所で簡単に顔合わせ

今回の遠征の案内役を買って出てくれたのはE氏

過去何回か単独遠征の経験があるため簡単に本日まわるポイントの解説をしてもらった

ブリーフィング後は移動開始で高知ICから下道へ

向かったのは桂浜にほどなく近いサーフ

真っ暗なうちから準備開始

ちなみに今回持ち込んだタックルは3セット

その①
ロッド: テイルウォーク SSD(ソルティーシェイプダッシュ)106M
リール: シマノ 15 ツインパワー 4000XG
ライン: よつあみ GSoul X4 1.5号(PE)
リーダー: ナイロン30LB(バリバス VEP)
サーフや遠投がメインになりそうな今回の釣行、このセットがおそらく主役となる

その②
ロッド: スワット 88MLM
リール: シマノ 15 ツインパワー 3000HG
ライン: よつあみ GSoul X8 1号(PE)
リーダー: フロロ 22LB(バリバス シーバスショックリーダー)
ベイトロッドがコケた時用だが現在のシステムはかなり安定しているためほぼ出番なしは確定か

その③
ロッド: 15 ルナミス 90ML
リール: ダイワ 13 タトゥーラSH
ライン: よつあみ GSoul X4 1.5号(PE)
リーダー: ナイロン30LB(バリバス VEP)
河川、港湾など小規模なエリアでのキャスト精度が要求される場面、といいつつ使って楽しいセットなのでサーフ以外ほぼ全部用


まずは広大なサーフエリアなのでSSDを選択してプレイボール

開始1時間もしないうちに近くで歓声が上がったと思ったらヒロキチがファーストフィッシュをキャッチ

DSCN1866.jpg
良型のヒラスズキ

「やっぱり竿かえたらあるなあ」で上機嫌のヒロキチ

そう、今回遠征用にアピアのFoojin BB RELYER 113MH16 セルテート HD3500SHをこっそり仕入れていたのである

遠征数日前までシークレットだったこのセットだがさっそく活躍することとなった

その後は明るくなるまで4人で投げ倒したがD氏がチャリコヒットのみで後が続かない

明るくなってからはD氏とE氏は西の方へ移動

私とヒロキチは一旦車へ戻り、朝日を見ながら軽食タイム

朝食後はE氏とD氏を追いかける

すると突堤まわりでD氏がボイルを数回見かけたらしくルアーにも出たそうだが乗らなかったらしい

S__103702532.jpg
なんらかの魚はいるらしいので引き続きサーフでキャスト

8時頃まで粘ってみたが拍子抜け、生命感のない時間が過ぎる

次は仁淀川河口へ

H28111301.jpg
河口の西側はサーファーだらけでルアーを通せそうにないので川からの流れがキツそうな東側へ

すると小魚が追われているようなシチュエーションに遭遇

程なくして私のロケットベイト95ヘビーに何かがストライク

DSCN1865.jpg
正体?は普通サイズのサゴシ

12時頃まで広大なサーフをサーチしたが結局反応があったのはこのサゴシのみ

H28111302.jpg
この後は高知に展開しているローカルコンビニエンスストアくいしんぼ如月で弁当を購入し、店内の飲食スペースで昼食

ここからはシーバス狙いのナイトゲームのためにポイントの下見へ

狙うエリアは浦戸湾

橋のあるエリア中心にE氏運転の車で回る

午後15時頃となりここからは釣りはお休みしてキャンプタイム

ナイトゲームやマズメ時が釣りになってしまうとどうしても日中のエンターテイメント性に欠けると思い今回は久々のキャンプの用意もしてきたのである

キャンプ地は桂浜からすぐの高知県立種崎千松公園キャンプ場

S__103702533.jpg
テントを設営し食事の準備へ

しかし16時過ぎからの料理は少し早すぎたのかもしれない(最近暗くなるのが早いので早め早めで考えていたのだが・・・)

S__103702534.jpg
なんと17時頃にはカレーとご飯が完成していた

ご飯はヒロキチにまかせていたがあまりうまく行かず・・・

カレーも鍋が小さすぎたり私の持ち込んだバーナーの火力がありすぎたりと久々のアウトドアで不慣れなところが露呈してしまいてんやわんや

なんとか夕食終了

ところが昨日からほぼ寝ていなかった私の体力がほぼ0になりテントで1時間ほど仮眠をしてしまう

気がつけば19時頃となり浦戸湾ナイトゲームに向けて移動開始

最初のポイントは先行者ですでに超満員

明暗の上流、下流ともにほとんど入れるところはなく高知のハイプレッシャーさにおどろいた

移動を繰り返したが大潮で潮が引くのが思いの外早く、最後に訪れた上流部のポイントはほとんど干上がっておりまったく勝負にならなかった

ここで時間は22時過ぎとなりE氏とはここでお別れ

以降は3人での勝負となるが疲れもあったのでぽかぽか温泉でゆっくり風呂に入り、キャンプ地に戻って翌朝のマズメ時まで休むこととなった


11/14 大潮

Screenmemo_2016-11-15-22-25-24.png

かなり疲れていたのか6時頃にD氏に起こされたりもしたが体が言うことを聞かずマズメ時間のチャンスタイムをスルー

そしてまさかの雨

予報では夕方からということだったがすでに朝からパラパラ・・・

テントを急いで撤収して車へ荷物をのせる

撤退かと思いきやD氏はまだ諦めていない様子で仁淀川河口で最終決戦とした

開始は8時

すっかりのんびりペースになっていたが12時頃まで粘る

がまったくアタリなし

サゴシが跳ねたりした瞬間があったりもしたが単発、ルアーには何も出ず

夕方には帰宅しようと思っていたので高速→南国SAでお土産を買い、川之江東JCTでD氏と別れて徳島自動車道へ

途中かなり眠くなってきたので吉野川SAですこし休憩、仮眠

なんとか自宅に戻ったのは17時頃となった

楽しみにしていた遠征はほぼ空振り、自宅に戻ったあとどうも煮え切らないので少し休憩を挟んで雨降りナイトゲームへ

Screenmemo_2016-11-15-22-24-07.png

22時頃に向かったのは今切川の四国化成工業近くの川が90度にベンドしている場所

流れが当たっていそうだと思って選んだが絶望的なほど真っ暗なエリア

岸沿いや沖へミノー、シンペン中心に上流へ歩きつつキャストしていくがまったく生命感なし

足元にエビがいるくらいでベイトのベの字もないほどさみしい景色

護岸整備がされてあるが大きな石を組んであるだけで高知のような歩きやすいコンクリート護岸とは程遠い

深さも足元から急に深くなっており、光を当てても底は見えない

しばらくは流れがいい感じにでていたが時間がたつにつれて堰が閉まったのか流れがほとんど無くなってきた

護岸が少し凹んだ場所でスロープが隣接している場所まで来たときのこと

上流側へパンチライン80をキャストしてリトリーブ、途中ルアーが少し張り出している護岸の少し沖でスタック

竿をシェイクしたりしてハングアウトしたのちに足元まで水面直下をトレースしつつ回収しようとしたところいきなりのストライク

杭があったりして狭いスペースなので強引にスロープの方へズリ上げ

ファイト時間約10秒、ベイトタックルなのでこういう有無を言わせないやりとりは得意である

DSC_0986.jpg
50ちょっとのまずまずサイズ

こんなさみしいエリアでもシンペンのような”フィネス的”な釣りが効いたのだろうか

遠征では良い所があまりなかったが雨の中延長戦へ繰り出して魚を触ることができ、少しホッとした



年間シーバスバトルスコア
ヒロキチ 12 (+1)
私 43 (+1)

関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/621-c44b3225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)