06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

イワシの絨毯攻略?ペニーサック爆発 

12月になり朝夕どんどん寒くなってきております

ランカーシーバス狙いができる時期も後半といった感じですがマイペースにやります

12/2 中潮

Screenmemo_2016-12-08-14-37-40.png

真夜中の1時頃に前回のイワシゾーンへ

数時間前からすでに釣りへ出ていたヒロキチと合流

相変わらずボイルは起こっているがあまりのベイトの数でルアーにはまったく反応がない様子

今回もペニーサック 初代をチョイス

「事故が起きるの待ちかな」でキャスト開始

ヒロキチは補給するために一旦場を離れてファミレスへ

風も流れも落ち着いた状況だがたまにシーバスのスイッチが入るのかボイルが出るタイミングが訪れる

辛抱強くキャストしていると

DSC_1002.jpg DSC_1003.jpg
ドンっとストライクしてきたのはコンディション抜群の約60cmくらいの魚

しばらくしてまたまたヒット

DSC_1004.jpg DSC_1006.jpg
ペニーサック 初代をバッチリ食い込んだナイスサイズ

あきらかにルアーを狙ってきているような深いバイト

ヒロキチも戻ってきて再開

4時30頃まで滞在して私が計7本(うちスレ1)、ヒロキチ2本という結果

DSCN1877.jpg
ビッグミノーにふさわしい良型だが70センチに届く魚はいなかった

DSCN1879.jpg
ヒロキチもジョイクロで

DSCN1880.jpg DSCN1881.jpg
またも良型、お腹を触るだけでイワシが何匹も確認できる

DSCN1885.jpg
この魚はスレだったが他のシーズンでは見られないようなみごとな体高

DSCN1887.jpg
ベイトを追い回している個体は元気が良い魚ばかり

DSCN1890.jpg
ヒロキチもなんとか2本目をキャッチ

ベイトとなるイワシが相当数固まってあり、ルアーへストライクさせるのが困難と思われる状況でペニーサック 初代が大活躍

途中サルディナ137Fへスイッチして1本上げたりもしたがノンキーのマメ

過去こういった状況でまったく食わせられず歯が立たないことが何度もあったが久々の快進撃

コンディションもバッチリな個体が多く、ほとんどの魚が丸々としていた

4時30頃になり一旦コンビニで小休止したのちに朝マズメ狙いで亀浦奥のゴロタサーフへ

到着してすぐはかなり風が強いかと思いきやサーフを進んで岬を少し過ぎたあたりで風が少し弱くなってきたところから開始

すでに先行者の方が2名ほど

邪魔にならなそうな場所を選んでヒロキチとも距離をとりキャスト開始

少し薄明るくなってきたタイミングでサルディナ137Fへストライク

波打ち際でファイト中抜けてしまいバラし

相変わらず波のあるサーフでのやりとりのコツが掴めない

明るくなり先行者の方は魚をキャッチしていたようだが我々はノーフィッシュ

8時前に撤退となる


12/5 小潮

Screenmemo_2016-12-08-14-38-26.png

日暮れからまたも前回好調だった鳴門のイワシエリアへ

到着は21時頃

常夜灯まわりにすでに先行者が2名

近くの別のポイントへ

20メーターほど沖の方でイワシの群れは確認できるがやや水深、流れともにあるエリアでシーバスのボイルは少なめ

魚影はそれほどといった感じ

とりあえずウェーディング

潮位的に入れるかどうかだったが移動時にベストが濡れないよう手で持ち上げたりすればギリギリの水位

ベストを支えたままでは釣りができないので少し大きめの石の上からキャスト

ルアーはまたもペニーサック 初代

前回の釣行で歯型と針キズでボロボロになってしまったので帰りにいはら釣具で思わず新品を調達しておいた

潮は左から右へ流れがでている

1時間ほど流したりリトリーブに変化をつけたりとレンジ、コースをかえながらキャストするがまったくのノー反応

西の方に常夜灯があったので近づいてみるとそこにもイワシの群れが固まっていたが少し小ぶりかつシーバスがついている気配はなし

周囲は海藻があるくらいで底はフラット、凹凸も少なそうだったので魚がついていないのは地形のせいだろうか

そろそろ場所が空いているかもと思い最初に向かった常夜灯エリアへ

しかしやはり釣り人の姿あり

声をかけてみる

地元の若い釣り人で少し立ち話

今日も大量のイワシでボイルも出ているが以前はもっと下げが進行していたので捕食している魚の位置が異なるようだ

傾向としてはやはりシャローへベイトを追い込むような行動をしているということ

下へ降りることも考えたがまだ他の釣り人もいるので堤防の上からペニーサックをキャスト

1時間ほど粘ってみたが結果はノーチャンス

やはり潮位が高いせいかシーバスも固まっておらずルアーへストライクがない

今回はあまり時間がないので粘らず23時前に納竿とした



年間シーバスバトルスコア
ヒロキチ 15 (+2)
私 52 (+6)

関連記事

Category: 釣行日誌 (2016年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/623-34c9b993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。