03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

ライトゲーム用の活けクーラー製作 

DSC_1041.jpg

冬のライトゲームを少し楽しくするアイテムを製作したのでご紹介します

DSC_1046.jpg
一見ポイントに売っているただのスマイルなんとかというシリーズの安クーラーですが

DSC_1047.jpg
こんなものを仕込んでいます

そう、これは活けクーラーです

なぜこんなものを作ろうと思ったかというと・・・

ルアーを使ったライトゲームで困るのが釣果が安定しないことです
(いつでも魚が釣れる場所、テクニックをお持ちの方には縁のないことだとおもいます)

とにかく「ガシラの味噌汁食べたいな」で海にルアーを投げてもあまり数がでなかったりサイズが揃わなかったり・・・ということがよくあるのです

かといって釣れた魚を全部〆てキープするのは理想的ではありません

”気が変わった”時に逃してあげるのがベストでしょう

というわけで使ったパーツを紹介します

DSC_1048.jpg
エアーポンプは単3電池で作動するこちらを使用します

同じところに並んでいた似たような商品にはやたら単1、単2電池で作動するものが多かったのですがそんなでかい電池は入手経路が限定されるし高いので単3電池2本で8時間程度動作する小ぶりのポンプにしました

DSC_1042.jpg
エアーが出るところは少し良い石を入れてみます

泡が細かくなるらしいですが効果のほどは不明です

DSC_1044.jpg
最重要パーツがこちら



ぶく栓と呼ばれるプロックスから出ているアイテムです

普通のクーラーを改造して活けクーラーにできます

クーラーの蓋にドリルで穴を空ける必要がありますがエアーを入れるチューブを通す穴を確保し、開いた穴には栓ができるようになります

エアーポンプの取り付け用金具(ビスでクーラーに直接打ち込みます)もついています

そんなこんなで完成したのがこちら

DSC_1052.jpg
さっそくテストするために彼を入れたクーラーを車に乗せて数時間連れ回しましたがリリースすると元気に海に帰って行きました

これをライブウェル代わりに使えば入れ替えや頭数が揃わない時に重宝するはずです

ただ水が入った状態での持ち運びはなかなかしんどいです・・・

関連記事

Category: タックル、小物など

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/630-1acf275f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)