03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

初シーバス 

まだ本格的なシーズンというわけではないのでライトゲームも混じえつつ未開拓エリアの調査なんかにも出向きました

DSCN1930.jpg

2/4 小潮

「そろそろいけるかな、ちょっと様子見に行こう」で2時過ぎ出発で今切川の開閉橋にてウェーディングゲームへ

しかし潮位が思っていたよりもまだ高い

堰も開いているせいでかなり流れが発生しているので普通のリップ付きミノーはここではあまり役に立たない

明暗までの距離も相当あるし、メインチャンネルまではかなり浅いのでいつもシンペンがメインルアーとなる

といいつつ私はミノーが好きなので最初はミノー、ラムタラバデルの大きい方からキャスト

他にも何種類かルアーを試すがすぐに責めづらいのを悟ってシンペンへシフト

カッター115をロングキャスト、明暗付近まで流してを繰り返しているとあるとき橋脚付近でストライク

DSCN1914.jpg
サイズは50くらいだが元気なシーバス

私のカッター115の使い方はもっぱらリフトアンドフォール

浮き上がりがとても速いルアーなのでフォールしたあと表層までベイトが逃げるエスケープアクションが低活性な局面で有効だと思う

この時も流しながら少しフォールを入れるとかなり浅い場所でボトムとコンタクト、根掛かりさせないよう竿をたてながら速めのリーリングでリフトさせた瞬間だった

狙い通りの釣りで魚が出たので撤退とした


2/14 中潮

「たまには一発狙いしに行こう」で思い立って阿南方面へ

3時30頃に到着したのは桑野川河口近くの中林漁港

サーフ隣接の漁港で訪れるのは今回が初めて

とりあえずマズメ時まではライトゲームをしてみる

DSCN1919.jpg
結果は30分でガシラ5匹となかなかの釣果

漁港から外海に向けてのメインチャンネルそばを2.5グラムのジグヘッドリグを着底させて底をツンツンしているとすぐに反応があった

4時30になったので今日のメインで考えていた中林海岸へ

地磯も近くにあり何か起きそうな気がしてひたすらSSDを振ってみるが見事に空振り

セイゴクラスの魚が2回ほどライズしただけ

風もなく波も穏やかだった

DSCN1922.jpg DSCN1924.jpg DSCN1923.jpg

DSCN1925.jpg

8時頃になったので移動

今度は北の脇海水浴場に隣接する漁港へ

DSCN1929.jpg

DSCN1928.jpg
ご覧のようにロケーションは良さそうだが何の生命反応もなし・・・

また時期をかえてトライしてみようと思う

関連記事

Category: 釣行日誌 (2017年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/632-d58c6be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)