09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

シーバス狙いもほどほどに 

DSC_0018.jpg

6月終わりからすっかり更新をサボっていましたが現在(7月下旬)までのざっくりとした釣行日誌を残しておこうと思います

まず記事になってないだけで結構行ってました

狙いは色々ですがシーバス狙いで釣行したのは1、2回です



シーバス釣行激減の理由



これには訳があって何釣りに行っても「シーバスの生命感があるエリアが存在しない」ということです

マズメ時、それもベイトが群れをなしている状況で追われている気配もなく、ボイルもないという光景は春先から現在に至るまで結構見てきました

そして「おらんのだったら食うはずないよな」ということになり他の魚を追いかけていました

と、ここまでしか書いていないとただシーバス熱が覚めたような文章になってしまうので補足しておきますがおそらく魚はいます

ただルアーで騙しやすいイージーな魚(極端に食い気がある、活性が高いなど)がいないような気がするのです

こんな局面で一本を引っ張り出すならプラグを小さくするとかワームを使うといった「セコ釣り」をすればまだ可能性はあると思います

しかし、そんな釣りではマグレでも起きない限りサイズも落ちます

それを確信する出来事が去年の6月頃の園瀬川

たまたま反応が良かったのは20グラムほどのバイブレーションでしたが釣れる魚のサイズは40前後がアベレージでした

そんな魚をチマチマ狙いに行くくらいなら時間や潮、場所をかえて他の魚を狙うのはどうだろうかと今年はなってしまったのです

・・・さて、釣りやすいシーバスが近年少なくなっているのはたまたまなのか他に要因があるのか地域性によるものかはわかりませんがプレッシャーがかかっているとかスレているとかそういうことはまったくないと思います

個人的には8月後半くらいから12月くらいにかけてが一番チャンスのあるシーズンと思っているのでそれに賭けたいと思います

そんなところでシーバス釣りの話はここまでです




アコウ狙い



徳島の岸釣りでは幻だと思っていたアコウが近場で釣れることがわかったので6月下旬に2回目の徳島港へ行ってみました

そしてまたも良型アコウをゲット!(写真は諸事情でありません)

ワームはバグアンツの4インチ、リグは直リグ、重りは3号、タックルは前回と同じくスワット82MLにタトゥーラ103SHLにナイロン16ポンドです

釣れた状況としては南東からの風が強く、潮もやや効いていて右から左にラインが持って行かれる程度のコンディションの中、スローにリグを操作していたところにヒットしました

ヒットワームは前回同様バグアンツ4インチで、似たホッグ系のワームを試したあとにこれにするとすぐに釣れました

ボリュームがあるワームなのでそれが効いたのか、キジハタに強烈にアピールする特別な何かがあるのかはわかりませんが確率を上げるためにもこのワームは外せないものになりそうです

味をしめて7月に入ってからも数回通いましたがそこからはまったく音沙汰なしです

梅雨らしく?雨がふったり風が強かったりと安定しない気候でアコウ狙いには良くなかったのかもしれません

タックルの話になりますがタトゥーラSVに1.5号PEを試してみたりもしましたが根掛かりした時がかなり厄介に思いました

まずナイロンに比べて伸びがないのでラインの伸縮を使って根掛かりを外すというテクニックがほとんど使えません

それでも竿を大きく動かして外そうとやっていると今度は穂先にラインが絡んで大変なことになりました

PEは根掛かりの少ないエリアやバーチカルに攻めれる場所、ボトムまで深い場所で使わないとトラブルに繋がるので岸釣りではバランスのとれたナイロンで十分という結論に達しました

・・・暑い時期はまだ続いているのでまだまだアコウ調査頑張りたいと思います




キス釣り



毎年6月から9月くらいにかけて数回はキス釣りを嗜んでいましたが今年は少し本気になってやってます

タックルは去年までトラスティック710MLを使っていましたが今年からはなんと10フィート6インチのSSD(シーバスロッド)になりました

シーズンに入る前から3メートル少々の本格的な投げ竿を買おうかと悩んだりもしていましたがそこまで予算はかけられないということになりシーバスセットを流用しているというわけです

14 カルディア2508にナイロン2号を巻いて使用する重りは5号から7号、飛距離は最大80メーターくらいは飛ばせるのがわかりましたが飛距離を出すと2つの問題が浮き彫りになってきます

それはキス釣りの醍醐味でもあるアタリを取るための感度と仕掛けの絡みを防止する天秤です

これをバランス良く解決するために現在は市販品を組み合わせてオリジナルの遊動式天秤を試したりしています

仕掛けの方は4本針の7号針がメインです

1個の仕掛けをできるだけ長く使用できるように仕掛巻ストッカーなるものも導入しました

さて、釣果のほうですが7月に入って午後メインで4、5回釣り歩いたところ自宅からも近い吉野川河口干潟での釣果が一番良く、良型含めて3時間ほどで40数匹の釣果を出せた日もありました
DSC_0011_20170724214501b45.jpg

しかし・・・

この釣行を最後に体調を崩してしまい現在は少し釣りはお休みしています




アクシデント



実は青物狙いに八木の鼻へ行った時にベストへ携帯を入れていなかったためにいつの間にか海へ落としてしまいました

2匹目のアコウの写真がないのもバックアップを取っていなかったせいです

せっかく紛失しないようにコードをつけたり対策をしていたのに今回それをするのを忘れていました

ポケットが浅いズボンを履いていたというのもあってテトラを昇り降りしているときにスルッと落下してしまったのでしょう

すぐに同じ機種をアマゾンで注文してアクセサリーのカバー、保護フィルムやsimの再発行など4日後には復旧しましたが1万円ほどの痛いロストとなりました

関連記事

Category: 釣行日誌 (2017年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/648-05773ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)