03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Mechanical Base

三度の飯より釣りに行く

 

最近の記事

VT250スパーダ 

SPA

現在乗っているバイク
VT250スパーダです。
現代の中型ネイキッドではあまり考えられない極太アルミフレームが最高にかっこいいね。

この時期のホンダは250ccに限らずバイクの開発にかなり力を入れていたようで、このスパーダもしっかり作りこまれてるみたい。
エンジンはV型ツインでなかなかパワーのあるエンジンです。
レッドゾーンはやや高回転寄りの1万3500回転から。
吹け上がりも良くなかなかスムーズに回ります。
燃費は最初はなぜか20くらいでしたが各メンテをしてやると25~30kmくらいで安定。
少し回し目に乗っても今のところ25km/L以下はほぼ無し。
ゆっくり乗ったと思ったら30km/Lオーバーが普通に出る

★燃費の最高記録★
10/11 レコード更新!高知強化合宿 part2にて
走行距離は181.3キロ / 4.61L給油
39.3km/L

足つきもよく、車体が軽いため取り回しもよくてほんとに乗りやすい。
エンジンの耐久性も高くなかなか壊れないのでバイク便にも良く利用されてるそうな。
人気はあまりないけど実は街乗り最強バイクかもしれない・・・

整備記録はこちら



しばらく走ってみて思った事・・・(09/2/23 修正バージョン)

まず、最初におどろいた点をいくつか(すべて純正での話し)

以前から4ストはエンジンブレーキが効くと聞いてましたが思ってた以上に強烈に効く
1速、2速でのラフなスロットルワークは厳禁
このデリケートなゾーンで何度か怖い思いをしました

次に排気音
近くで聞いたらドドドドドって感じで低音がよく聞こえるけど少し離れるとまったく聞こえないほど静か
乗ってみると高回転での音の変わりようがすごい

案外ブレーキが頼りなくて純正のままだとこれ以上握りこむと怖いっていう感覚がなく効きはほどほど
現在はメッシュホースにしてパッドを換えて結構良い感じになりました。

最後に軽さとポジション
取り回しラクチン、コーナーや直線でのヒラヒラ感が楽しい
セパハンなのにシートが低く中途半端ポジション
でもこれが伏せたり楽な姿勢にもできる絶妙な高さで気に入ってる


VTを一度乗れば即飽きるか、とことんハマってしまうかのどっちかのような気がする
街乗りでは必要十分にして抜群の機動力
驚異的な燃費の良さ
そんなスパーダの魅力をご紹介
・・・私はもちろん後者です。

・乗り味とか
街乗りでは非常に扱い易くさすが頼れるVT
ツインならではのトルクで4000から5000も回してれば十分車の流れについて行ける
レッドが13500からなのにその半分以下でも平気で走れるのはすごい
回転が低いので振動も少なく排気音も静かで疲れにくい
坂道も恐れることなく上の方のギアで上っていける
しかしちょっと回せばそのおとなしい性格は一変してかなりレーシーな一面も
8000くらいからのパワーバンドに入れとけばびっくりするくらい速い
このあたりをキープしていれば100以上すぐ出ます。
あと140キロまではすんなり加速するみたい
峠だと3速キープが色々おいしいらしい
まあ燃費が極悪なことになるのでツーリングメインの私は滅多にやりません

3000~4000回転あたりで少しだけ谷があるような?
主に5、6速の高いギアだと減速してってこの回転数の時にスロットル開けてもパワーの出力がイマイチで4000オーバーになると急に元気になる
あと2000くらいの低回転でもエンジンに粘りがあって全然エンストしない
渋滞でも余裕で対処できる

・燃費
250クラスなら最強?
ツーリングなら大体30~35(条件が揃えばそれ以上もあり)
街乗りなら25~30
関連記事

Category: 二台目 VT250スパーダ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/65-9dc58007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)