08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Mechanical Base

本当の闘いがついに始まる

 

最近の記事

11月後半、魚も釣り人も減少傾向 

IMGP4560.jpg

バトル2のレビュー記事を書いた時に”1年経過したくらいで中を開けてみたい~”とか書いてますが現在すでに全バラ状態です

というのも代替機が偶然手に入ったのでメンテをしてみることにしたわけです

しかし開けてびっくり、残っているグリスはわずかで劣化も進んでいる状態でした・・・

結構出番が多かっただけに半年に1度くらいはメンテをしたほうが良さそうですね

・・・とりあえず12月になったのでまだまとめていない11月の釣行記事を残しておきたいと思います

11/22 中潮

しばらく訪れていなかった北泊へ

駐車場は少し前にくらべてかなり空いており、以前の賑わいが嘘のよう

人気の角は取れなかったがまずまずの場所をキープ

明るくなるまでひたすら投げ続けるもまったくのノーチャンス

鳥が飛んでいたりはするものの魚の気配はなく、私以外に釣り人は4人いたが誰も魚をキャッチすることなく終了

青物のシーズンは終わってしまったのだろうか


11/25 小潮

鳴門でいい話しがないため大きくエリアをかえるつもりで5時前に向かったのは那賀川の河口

綺麗な駐車場もあり、悪くない釣り場だが堤防の先端まで1キロくらいを歩かないといけないハードな場所でもある

先端に行って気がついたが潮位が低く先端には人影

何狙いかはまだ分からないが割り込むのも気が引ける

「手前のテトラから投げよう」

と思ったがトレッキングシューズで来てしまったのでヘタをすると滑落しかねない

安全を考えて車へスパイクブーツを取りに戻る

歩くような靴ではないが安全にはかえられない

ブーツを履いてまた突堤へ戻る

駐車場に車はいたが突堤の方は1人だけ

サーフの方に目をやると人影が見える

どうやらそちらの方が人気のようだ

しかしあまり来たことのない未知のエリアなので自分を信じてキャスト

ベゼル36に太刀魚当たりが3回

そのうち1匹をキャッチしてクーラーへ

トップやジグを投げるも相変わらず青物からのコンタクトはなし

明るくなるとさきほどの方は撤退されたので入れ替わるように先端へ

北からの風が強い

8時頃までキャストをしていたがボトム付近でジグにアタックしてきたマメエソのみ

漁船が網を引いていたり鳥も飛んでいたのでベイトはいるような気がするがナブラどころかボイルすらない

やはり青物は11月になると絶望的なのだろうか

9時頃撤退となった

・・・

午後

ヒロキチを誘ってライトゲームへ

場所は近場の徳島港

太刀魚狙いの方はまだかなりいるようだ

我々は東向きのテトラからスタート

タックルは久々のベイトタックル

15 ルナミス B900MLにクロナークCi4、ラインはGT-R 16lb(ナイロン)

いつもならテンリュウのスワット82MLを持ち出すところだがガイドスレッドのクラックが酷い箇所があり、補修するまではお留守番

スナップショットに3号重りでスタート

激しい根掛かりと格闘しながらリグを入れていくとようやくミニガシラ2匹をキャッチ

ヒロキチはあまりの根掛かりの酷さに音を上げそうだったが・・・

DSC_0173_20171203000250f9b.jpg
ようやく良型ガシラをキャッチ

ここで車に一旦もどり、タックルを入れ替えて狙いをアジ、メバルへ

ロッドはソアレSS S706ULS、アルテグラ C2000HG、GT-Rピンク 3.5lb

丁度工事用の船が止まっており、灯りがあったのでその周りへ2gのジグヘッドをキャスト

DSC_0174_20171203000252258.jpg
メバル3匹を追加してこの通り

ミニガシラはリリース、あとは活けのまま自宅に持ち帰って処理したのちに冷蔵保管

数日後

私はメバルを唐揚げに、ヒロキチはガシラを酒蒸しにしてそれぞれおいしく頂いた

関連記事

Category: 釣行日誌 (2017年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/664-51804f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)