08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Mechanical Base

本当の闘いがついに始まる

 

最近の記事

ブリを手にするのはダレだ!?ついに現れたモンスターフィッシュ 

12月になり青物狙いも終盤戦です

今年はチーム結成からあちこち走り回り、幾度となく辛酸を嘗めてきましたが・・・

ようやく鰤、出ました

DSCN2022.jpg

12/1 大潮

スピンフィッシャー SSV 4500のデビュー戦となるこの日、ドラマは起こる

前日、ヒロキチとひろっさんが阿南の辰巳へ行くという話しを聞き、「久々に同じ場所でやってみるのもええか」で私も行ってみることにした

翌朝5時頃に駐車場に到着

すでに2人はエクストリーム側でスタンバイしているらしい

ウェーダーを持ってきていなかった私は足場の悪い方には行けないと思い、ノーマル突堤へ向かう

先端を確保して明るくなるまでミノーを投げて時間つぶし

すると6時30頃にヒロキチより連絡が入る

「ひろっさんがモンスターをやりつけた」と

1512081851437.jpg
すぐに送られてきた写真をみて驚愕

「今まで見たこと無いサイズや」

しかし今から二人の場所へ行っても仕方がないのでその場で竿を振る

すると7時前に投げていたマリア ポップクイーン130に待望のストライク

丁度波間の向こうにルアーが消えたと思った瞬間竿に重みが乗った

DSC_0178.jpg
上がってきたのは今シーズン見慣れた40クラスのハマチ

ただ自作シングルフックでの記念すべき初めての魚だ

課題としてウエイト調整をしている構造に対策はいるがフックの強度や機能は問題なさそうである

でも反応があったのは一度きり

8時過ぎになったので釣りを中断、二人の様子を見にエクストリーム側へ

道中は険しいが今の時期は朝が下げのタイミングなのでウェーダーはなくても大丈夫だった

現場に到着してひろっさんの釣り上げた魚を目の当たりしたがまさしくモンスターというにふさわしい

話を聞くとシーバスを狙うつもりで大きめの鉄板を投げていてヒット

ランディング時にあまりのパワーでヒロキチのギャフは曲がり、シャフトが破壊されたそうだ

これでひろっさんは2年連続でブリを獲ったことになる

私も来年こそはチャンスをものにできるよう精進していこうと思う


12/3 大潮

E氏とライトゲームへ

20時過ぎから岡崎奥のテトラから根魚狙いを考えていたが足場が高く、流れが異様に速い

激流のなかへスナップショットをキャストするがボトムをとる以前に流されて釣りにならず

しかたなくタックルハウスのTKMLをキャストしてみるが真っ暗な場所で水深もそんなになさそうな場所なためこのまま続けていいのかよくわからない

すぐに切り上げて移動

土佐泊へ

最初は何も生命感がなかったが急にアジが回ってくるタイミングが3度ほど

DSC_0179_20171222210318416.jpg
釣果は私がアジを2匹釣って終了(この数を持って帰ってもしかたがないのでもちろんリリース)

水面に浮いたときだけが時合のようで食い気が立ったと思ったら一瞬で沈んでしまったりどこかにいってしまうためなかなか釣り上げるのが難しい

ライトゲームも奥が深いものである


12/5 中潮

またも早朝に辰巳エクストリームへ

この日はボウズ

DSC_0187.jpg
タックルハウスのTKP135TTに魚は出たがバラし

最近発売のこのルアー、いはら釣具のセールで少し安くなっていたおかげで新品を買ったのだがすごく優秀

アクション、飛距離、使い心地・・・どれをとっても非常にレベルが高い

・・・青物を狙いはじめてからタックルハウスのルアーを積極的に使うようになったがさすがは老舗メーカー

私が言うまでもないが実によく考えられたルアーが多い

次はこのルアーで魚を獲りたいものである


12/7 中潮

19時頃に昨年楽しませてくれたイワシ絨毯エリアへ

これまでに何度か様子を見に行っているがサヨリがいるだけで今年はカラ

現場についてすぐにボイルのようなものがあり期待に胸を膨らませてウェーディングするも今ひとつ

しばらくしてヒロキチと合流

いはら釣具のイベントに知り合いの方と行っていたそうだ

ヒロキチと並んでルアーを投げたがやはり何も起こらず

見えシーバスがミノーに多少の興味は示すが食い気はゼロ

「あかんわ、風呂入って帰ろう」

で最近オープンしたばかりの鳴門のあらたえの湯でじっくりお風呂に入り、24時前に解散となった


12/10 小潮

辰巳エクストリーム側へ

日曜ということもあり5時頃に駐車場に到着するもすでに車が4台

迷うこと無く先端へ

やはり先に竿を出されていた方がいるがその方は北側におり、南側は空いている

声をかけ入らせてもらう

そのまま明るくなるまで投げつけるが反応がない

しかし1艇の漁船が横切ったタイミングで巻いていたタックルハウス ノード150にストライク

船が通ると釣れるという話は結構前から信じていたこともあり、もしやと思って身構えていた時のアタリだったのでうれしい

DSC_0191_2017122221031100d.jpg
サイズはたいしたことないがキープ

〆て血抜きをしてビニール袋に入れようとしていると1人の老人が現れた

少し話しをすると現在メインで使用しているイノセントの元オーナーだった

ほとんど使うことなくイエローフィッシュに売ってしまったそうだがそれを丁度買ったのが私だったという

釣り再開

暗いうちから北側で竿を出されていた方は撤退されたので老人と二人でルアーを投げる

TKP135TTで数回魚の反応があったがシーバスのような出方ですべてミス

シングルフックに換装していたのが裏目に出たのだろうか

その後はまったく反応なく、9時頃に撤退

駐車場で老人と別れ帰路についた


12/13 若潮

この日も辰巳エクストリーム側へ

「平日やしゆっくり行ってもええじゃろ」

5時30頃に到着すると先行者らしき車が2台

エクストリーム側へ向かうも時すでに遅し

なんとすでに竿を出されている方が2名

私はすこし外れた場所で北向きに投げるしかなかった

しかし北西からの爆風でルアーもラインも流され勝負にならず

結局撤退するまでいいところなしだった


12/15 中潮

ライトゲームのつもりで20時頃に鳴門へ

翌日からが土日なせいか土佐泊は釣り人多数

仕方がないのでイワシ絨毯エリアをダメ元で見に行くが今日もカラ

釣り人は数人いるがしばらく様子を見ていてもヒットなし、ボイルなし

サヨリが追われている気配すらない

おそらくモンスターサイズは入ってきていないのだろう

「もう今年は無理かな」

早々に見切り、撤退とした


12/16 大潮

前日のライトゲームがさっぱりだったのでE氏とシーバスゲームへ

食事をしてからだったので開始時刻は遅めの21時頃

狙いは開閉橋のみ

ウェーディングしてみると驚異的な水の冷たさ

ナイロンウェーダーしか持っていないのに防寒対策なしで水の中に入ったのは間違いだった

しかし潮位的には丁度よく、手前の明暗からルアーを流していくとさっそくE氏のスネコンにストライク

DSC_0198.jpg
サイズはそこそこだが厳しい寒さの中での魚なので喜びもひとしお

どんどん潮が下げていくので前進しながら2番目、3番目の橋脚の間へルアーを流すがそこからは反応なし

翌日に青物狙いで阿南行きの話もあるので粘らず打ち止め

早めに撤退とした


12/17 大潮

4時頃にE氏を迎えに行き辰巳エクストリーム側へ

予報では風が強くダメ元だったが予想的中

潮位的にはウェーディングすればなんとかという状況なのに荒れ放題

うねりと波で前に出れない

水に入っていないので寒さはなんとか耐えられるが・・・

結局明るくなるまでバイブレーションをキャストするしかなかった

満潮を過ぎてしばらくすると風が少し弱くなり、潮位も下がったことでなんとか前に出れたが今日も音沙汰なし

足元でマメシーバスの当たりが2回のみ、トップには反応ゼロだった

ますますシーズンオフを実感する結果となった


12/21 中潮

久々の単独シーバスゲームへ

ウェーディングする気満々だったのでベストはマズメのレッドムーンⅣをチョイス

まずは今切川の堰周辺からサーチ

堰のオープンは21時過ぎくらいからなのでそれまで竿を振りながら待つ

ようやくアナウンスが流れ、流れが加速

いい感じにルアーを流れにのせてシャローで食わせるイメージで漂わせるが思うようにはいかない

風もなく釣りはしやすいが魚っ気はゼロ

移動

まだ潮位が少し高いが開閉橋へ

手前の明暗からじっくりと流していくが思ったほど早く結果がでるような甘い状況ではなさそう

「寒いし2番目ちょっと流して帰ろう」

でほとんどダメ元のキャスト、流しでトンという軽いストライク

DSC_0202_2017122221095007c.jpg
60cmは無さそうだったがとても綺麗な魚だった

ルアーはハルカ145F

極寒のウェーディングだったが青物狙いとはまた違ったシーバスゲームのおもしろさを再認識できた

関連記事

Category: 釣行日誌 (2017年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/666-1bc0218f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)