05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Mechanical Base

本当の闘いがついに始まる

 

最近の記事

今年初の青物勝負、県南サーフでメジロ 

2月は2回も積雪や凍結があり、釣行を計画していた15日に出れるかどうかとても心配でした

しかし2月14日に奇跡的に春一番となり、突然の春を思わせる気候へ

ただそうはいってもまだ季節は冬です

こんな時期にはたして青物は釣れるのでしょうか

期待に胸を膨らませながら一人県南へ車を走らせたのでした


2/15 大潮

3時30頃出発

道中に点在する気温計の表示は1度止まり

「マイナスでないだけまだマシやな」で海部の大里海岸近くに到着したのは5時過ぎ

冬の夜明けは遅いのでベストに入れる荷物だけバッカンから取り出して用意したあとは車内で待機

しばらくすると後からやってきた一台の車が後ろへ駐車

「お仲間かな」と思っていると連絡が・・・

なんとひろっさんだった

予定を合わせたわけでもない偶然の合流

ひろっさんは会社の人と2人で来たという

少し明るくなり始めた6時頃に3人でサーフへ

驚くことにすでに釣り人多数

あまりランガンできそうにないのでとりあえずすぐ近くの空いている場所へ

風はほとんどなく、凪で水面は波気一つ無い

「大里でこんなに穏やかなのはめずらしいな」でキャスト開始

本日のタックルはイノセント96MHにバトル 2 4000、PE2号、リーダー40ポンド

まずはスミスのシンペン、ドラゴンサラナからスタート

軽く遠投しながら明るくなるまで待つ

曇り空でローライトだが日も昇ったのでシマノの別注平政160Fへ

久々に持ち出したタックルのせいか軽いエアノットができたりキャスト時にベールが戻ってしまいラインがリールに絡んだりと些細なトラブルもあったがすぐに解消したおかげで時間を浪費せず続行

単発だがベイトらしき魚が跳ねる

私の立ち位置からそう遠くない場所での生命反応にやる気がでる

キャストとジャークを繰り返しているとルアー後方にはっきりと魚らしき水流の乱れを確認

「チェイス、チェイス!」と一人テンションが上がっていた

そして7時過ぎに状況一変

50メートルほどキャストした別注平政を岸から約25から30メーターのところまでアクションさせてきた時に突如水面が炸裂

1メートルほど斜めにルアーが弾き飛ばされ、そこでも水面炸裂

水中にルアーが引きずり込まれたのを確認してからリールを巻きつつ後ろに下がり合わせを入れると竿にずっしりと重みが乗り、ドラグが滑り出した

「やったった!」と思わず叫ぶ私

おそらく数匹がチェイス、ルアーの取り合いになっていたのだろう

左の方へ少し走るが追いかけながら寄せて岸へずり上げてキャッチ成功

DSC_0259.jpg
渋い中トップで釣った満足度の高い一尾

すぐに〆て血抜き、クーラーボックスへ入れる前に計測

DSC_0260.jpg
ようやくメジロクラスといえる魚を釣ることができた

この日のために仕入れていた内寸80cmの巨大なクーラーボックスへぶち込む

処理が終わったのでサーフに戻るがあいかわらず魚の気配は無いらしい

その後も別注平政を投げ切るが反応なし

浅川港近くの地磯へ移動

最干潮間際に沖の方でボイルがあったり潮も一瞬いい感じに動いたように見えたがノーチャンス

残念ながら魚を手にしたのは私だけだった

・・・

その夜

どうも現場でバトル 2の調子が良くなかったため原因をネットで調べる

症状としてはハンドルを回して急に止めると逆回転するというもの

以前整備したときにワンウェイクラッチ?ワンウェイローラーベアリング?にグリスを入れてしまったのが良くなかったらしい

DSC_0263_20180216213109d4c.jpg
ピンセットの先にあるのがワンウェイクラッチ

パーツクリーナーで洗浄して乾燥後にシマノのオイルをさして元に戻すと逆回転しなくなった

気軽にバラしてメンテナンスできるリールは本当に楽である


関連記事

Category: 釣行日誌 (2018年)

Thread: ルアーフィッシング

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fpszone.blog98.fc2.com/tb.php/674-533d6984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)